プロ野球の球団マスコットと写真が撮りたい!大人も子どもも集うグリーティングとは?球団マスコットに魅了されたファンの“あるある”【作者に聞く】 

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

2024年のシーズン開幕へ向けた春季キャンプがスタートした。今シーズンの行方を占う注目選手の状態が気になるところ。オープン戦も控え、いよいよ開幕が近づいてきている実感が湧く日々だ。

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」人物紹介漫画=さとうもぐも

昨年からは、約4年ぶりに「声出し応援」が解禁され、スタンドから声を届けることができるようになった。外野席から応援歌に思いを乗せる人、スタンドで球団グッズを身にまとっている人、一球速報に手に汗を握っている人…球場でも自宅でも、プロ野球ファンの応援スタイルは実にさまざまである。

ウォーカープラスでは、そんな愛すべき姿を「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」と題し、大のプロ野球ファンである著者・さとうもぐも( @mogumo_sports )さんを迎え、著者の実体験とファンの人の声を聞いて作り上げた“プロ野球ファンあるある”を、さまざまな角度からお届けする。

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」十回戦(1/5)漫画=さとうもぐも

球団マスコットに魅了されたファンの生態をご存知だろうか?彼らの戦いは試合の前から始まっている――。その愛すべき姿を紹介する。

著者が考える、球場に集う球団マスコット推しのプロ野球ファン“あるある”一例


あるある(1) ――開門時間に球場へ向かい、球団マスコットのスケジュールに合わせて行動する。そのため球場滞在時間が長い

あるある(2) ――スケジュールは流動的なので、必ず球団マスコットに会えるわけではないので祈るしかない

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」十回戦(2/5)漫画=さとうもぐも

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」十回戦(3/5)漫画=さとうもぐも

あるある(3) ――話したことはないが信頼している球団マスコットファンがたくさんいる

あるある(4) ――球団マスコットを前にすると「かわいい」しか言えなくなる

あるある(5) ――子どもとのふれあいを見ると「将来(球団の)ファンになってくれないかな」と願う

あるある(6) ――大人は球団マスコットとの撮影タイミングに悩み「どのタイミングで一緒に撮影ができるか」という葛藤を繰り返す

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」十回戦(4/5)漫画=さとうもぐも

「プロ野球を愛しすぎている人たちの生態」十回戦(5/5)漫画=さとうもぐも

あるある(7) ――球団マスコットが去ったあとはファン同士で謎の一体感が生まれる

あるある(8) ――スマートフォンのカメラロールが大量の(似たような)写真で埋め尽くされる

あるある(9) ―球団マスコットと仲良しの選手は応援したい

あるある(10) ―球団マスコットはテレビのプロ野球中継にはなかなか映らない

球団マスコットファンでもある著者は「今シーズンは担当編集さんを球団マスコットのグリーティングに連れていってあげたいんですよね」と今から開幕を待ち望んでいた。


シーズンオフも、24時間すべてが“野球”で染まった毎日を過ごすプロ野球ファン。どの球団を応援していても、プロ野球を愛する気持ちは同じなはず。今後も純度100%のプロ野球愛に乞うご期待。

この記事の画像一覧(全43枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る