統合失調症の患者から、この世界はどう見えているのか?発症した本人が描いた漫画が話題【作者に聞いた】

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

統合失調症の患者から、この世界はどう見えているのだろうか?体験した人でないとわからない感覚を、発症した本人が描くコミックエッセイ 「今日もテレビは私の噂話ばかりだし、空には不気味な赤い星が浮かんでる ~統合失調症の私から世界はこう見えた~」 が書籍として発売された。著者のHimacoさんは、果たしてどんな思いを込めて描いたのか。漫画を作ることになったきっかけや、伝えたいことを聞いてみた。

11 (書籍より抜粋)

※症状の内容には個人差があります。漫画はあくまでHimacoさんの体験を元に描かれたものです。

患者自らが描く、「世界の見え方」がリアル

100人に1人が罹患すると言われる 「統合失調症」。決して珍しくはない病気だが、幻覚や極端な妄想など、症状が通常の精神状態からはかけ離れているため、その理解は必ずしも進んでいるとは言えない。

Himacoさんは22歳のころとても不思議な感覚を得た。頭が回りすぎるくらい回転して鋭敏になり“思考が飛躍”。脳が勝手に、どんどん小さな情報を拾ってはストーリーを作ってしまうようになる。

12 (書籍より抜粋)

13 (書籍より抜粋)

14 (書籍より抜粋)

15 (書籍より抜粋)


電車で隣に座った人の貧乏ゆすりを「何かの暗号か?」と脳が解釈してしまったり、テレビでは「いつも自分のことが話題になっている!」と錯覚してしまったり。

19 (書籍より抜粋)


まさか自分が発症するとは思っていなかったというHimacoさん。いつの間にか統合失調症に陥っていくまでの描写は秀逸で、他人には突飛に感じられる妄想が本人にとっては筋が通った感覚であるということがよくわかる。「統合失調症のことをあまり知らない人にも発症時の体験を想像してもらいやすいように、表現を工夫しました。なんでもない日常から幻覚や妄想にいたるまでの道筋を描いています」

お気に入りは、発症編にある服薬した後のエピソードだという。「妄想が広がらなくなってホッとするんじゃなく、症状が激しかった頃の鮮やかな世界が色褪せてしまった喪失感を描きました。感じ方は人それぞれだと思いますが、私の場合は『見て聞いて信じた世界が間違いだった』と気づいたとき自分の存在が足元から崩れるような感覚でした。当時ショックが大きかったぶん印象的で、それをうまく表現できたように思っています」

病の受容も大きなテーマに

症状がやや落ち着いてからも、社会復帰を焦る中で再び精神的な不調に陥ってしまう。それでも徐々に病を受け入れ、やがて自分のペースで生きていくことを決意する。

Himacoさんは「それでも生きていく」というエピソードをぜひ見てほしいそう。「誰しも老いや病によって、思ったように生きることが難しい時期があるかもしれません。避けられない現実に対して、どんな態度を取れば“自分が嬉しくなる”のか考えるというお話です。切り替えて受け入れろ!という話ではなく、抗い続けてもいいし、自分を責めるのも自由だと思います。ただ、自分が嬉しくなる生き方ができたらいいなと考えて描いた思い入れのあるエピソードです」

さらに「当事者の方やそのご家族の方、そしてこの病を身近に感じたことのない人にぜひ読んでいただきたいです」とHimacoさん。水彩画タッチの優しい絵柄でつづられ、統合失調症を知らない人にも病気のことを知ってもらえるこの作品は、さまざまな生き方について考えるきっかけになるだろう。

取材・文=折笠隆

今日もテレビは私の噂話ばかりだし、空には不気味な赤い星が浮かんでる~統合失調症の私から世界はこう見えた~KADOKAWA

この記事の画像一覧(全28枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る