「定時で上がりにくい」の理由はまさかの“お局さま”のせい?さまざまな嫌がらせをしてくるパートの親玉が胸クソ悪すぎる!【作者インタビュー】

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

発達障害グレーの長男との日々を中心にさまざまな作品を描いている星河ばよ( @bayo_fantasy )さんが、先輩が威圧的な職場でパートをしていた時の体験を描いた漫画「パート先の先輩がこわい」。子育ての合間にパートで働くのはただでさえ大変なのに、そこで“お局さま”からの嫌がらせに耐えなければいけないという二重の苦しみを味わう羽目になった星河さんには、SNSを中心に多くの反響が寄せられた。このほど、作者の星河さんに話を伺った。

理不尽な物言いと嫌がらせにもうウンザリ!画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)


「自分がいじめられる理由を一生懸命考えていたように思います」

パート先の先輩がこわい第1話(1)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)

パート先の先輩がこわい第1話(2)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)

パート先の先輩がこわい第1話(3)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)

パート先の先輩がこわい第1話(4)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)

パート先の先輩がこわい第1話(5)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)

パート先の先輩がこわい第1話(6)画像提供:星河ばよ(@bayo_fantasy)


漫画は身バレを防ぐために一部フィクションとなっているが、嫌味な先輩たちからのパートいじめは星河さんが退職する一年半ずっと続いたそう。さして忙しいわけでもないのにいちいち小言を言い、理不尽な要求を繰り返すお局さまたちの仕打ちには、読んでいるだけでもイライラしてしまう。

そんな環境で働いていた当時について、星河さんは「 今までどんな人とでもなんとかやっていけると思って生きてきましたが、先輩(アカオさん)とは最後まで打ち解けられませんでした。嫌われていたのがよくわかったし、いろんな人がいるとは思いましたが… 」と振り返る。

採用担当から語られた「定時で上がりにくい」という言葉の意味は早速明らかになるわけだが、この言葉は「 面接のとき、実際に言われたセリフです。パートが『定時で上がりづらいってどういうこと?』と不思議に思いましたが、入社して納得。先輩の圧が、毎度怖かったです 」と明かす。

読者からは多くの共感コメントが寄せられたが、「 どこにでも1人か2人はいますよね。理由を考えるのはもはや無意味かもしれませんが、いつも『なんでだろう?』『なぜこの人はこうなんだろう?』と思っていました。自分がいじめられる理由を一生懸命考えていたように思います 」と語りつつ、「 そのあたりの私のもがきと奮闘は、漫画でお楽しみください(笑) 」とアピールした。


取材協力:星河ばよ(@bayo_fantasy)

この記事の画像一覧(全19枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!2024年の桜開花予想はこちら

ページ上部へ戻る