【いったい誰だ!?】トンデモ義母、ストーカー事件

2022年9月9日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

Instagramブログ で、自身や友人の体験談を文字やコミックエッセイで配信しているしろみさん(@shiromi3333)。かわいらしいイラストとは裏腹に、その衝撃すぎる内容で話題に。特に出会った当初から生卵を投げつけたり、生まれたばかりの息子を誘拐しようして逮捕されるなど奇行が止まらないヤバすぎる義母や、毒親の実母とのエピソードは、実話とは思えないほど壮絶なものだ。

そのヤバすぎる義母とのリアルな体験記を、新たに漫画で描き下ろしてもらう連載企画。しろみさんが妊娠し、幸せいっぱいの日々。しかし、しろみさんには気にかかることが…。その時の様子を振り返ってもらった。


――しろみさんの妊娠もわかって、とても幸せだったと思います。ただ、義母から以前届いていた手紙の内容がかなり重いものでした。しろみさんは手紙が届いてからずっと気になっていたのではないでしょうか?

今までいろいろされてきたので、手紙に関してはそこまでは重たく受け止めておらず、いつもの義母らしいなと思っていました。でもやはり妊娠をして手放しでやったー!幸せ!とは喜べず、どことなく義母のことが気掛かりだなとは当時思っていました。


――しろみさんが妊娠したことをしろみさんのお母様には伝えていたのでしょうか?また結婚後、ご実家の方々とは、交流はあったのでしょうか?

私の親戚の方では昔から年に何度か集まって食事会を開く習慣があったため、その時に私側の家族たちには伝えました。

――クリニックから自宅までの帰り道、誰かからつけられました。義母の顔もよぎったと思いますが、義母が義父と離婚した後は、義母とは会ったりはしていなかったのでしょうか?また離婚する際には、義母から旦那さんに相談はなかったのでしょうか?

ストーカーのような被害は昔も少し受けたことがあったので「義母があとをつけている!」というよりかは、「ストーカーがいるなんて治安の悪い街なのかぁ」という心配の方が先にきました。義母とはもちろん会ってはいませんでしたし、義母宅から新居も離れていたため、義母が現れることはないだろうと思い生活をしていました。


――しろみさんと旦那さんの新居の住所を知らないはずの義母が突然やってきます。その時の状況を教えてください。

現れるはずのない人が現れて、シンプルにめちゃくちゃ怖かったです。義母と出会ったばかりの時は、息子が大好きすぎる過保護なお母さん程度だと思っていましたが、ここまで粘着質なタイプだとは思いませんでした…。

取材協力:しろみ(@shiromi3333)

この記事の画像一覧(全35枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る