学費が未納で卒業取り消し!融資されたお金はどこ?金銭感覚が狂った親に人生を狂わされた女性が毒親から離れて掴んだ幸せ【作者に聞く】

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

生まれ持った家庭環境が、子供に与える影響は計り知れない。何不自由なく、愛情たっぷりに子供を育てる親がいる一方で、過干渉や暴言、暴力などで子供を思い通りに支配したり、自己愛が強く子供を構わない「毒親」と呼ばれる親も多い。

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(1/15)漫画=尾添椿

そんな「毒親」だった両親と、分籍・住民票閲覧制限で絶縁したことをきっかけに「そんな親、捨てていいよ。~毒親サバイバーの脱出記録~」「こんな家族なら、いらない。」などの漫画を執筆した、漫画家・尾添椿が、毒親による“虐待”を受けた子供たちのリアルを徹底取材。

実際に、虐待を受けて育った子供たちは、どのような人生を歩んでいるのか―。著者の取材後記を踏まえ、本記事を「それって、愛情ですか?」と題してお送りする。今回は、金銭的虐待を受けていたイヨさんを取材。金銭苦で過ごしたイヨさんを待ち受けていた現実とは…?

※この記事には不快に感じる可能性のある描写が含まれます。ご了承のうえ、お読みください。

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(2/15)漫画=尾添椿

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(3/15)漫画=尾添椿

――金銭的な虐待を受けていたイヨさんを取材してみていかがでしたか?

「イヨさんは私が知っている中で唯一『理解のある恋人』がいたからこそ、毒親から離れることができた人です。理解することは、すべてを受け止めること。彼に打ち明けたイヨさんの勇気があってこそ、抜け出せたのだと思います。お金は身体が動くうちは稼げる、けれど働けない状況に陥ったときのほうがお金が必要になりますよね。イヨさんの親は『お金を使うことが好き』で、金銭苦を自ら作り出していたことに驚きました」

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(4/15)漫画=尾添椿

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(5/15)漫画=尾添椿

――このエピソードを通して、伝えたいメッセージとは?

「お金を大事にできない人が子供を大事にできるわけがなく、金銭的虐待と教育への無関心は隣り合わせだということです。また、辛い過去を受け止めるには治療と時間の両方が必要だということ。家庭内で長い間虐待されていた人は『あれは本当に虐待だったのか、本当は虐待を受けていなかったのではないか?』と思うことがありますが、そうではありません。イヨさんも両方が必要な方でしたね」

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(6/15)漫画=尾添椿

「それって、愛情ですか?」イヨの場合(7/15)漫画=尾添椿


過去を乗り越えて今を生きるすべての人に、明るい未来が待っていることを願いたい。

この記事の画像一覧(全68枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る