茨城の人気ラーメン店「活龍」が1日30杯限定のスペシャルメニューを提供

2020年6月5日 19:15更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

茨城の人気ラーメン店が「ラーメンWalker茨城2020」の読者のために、2020年10月までラリー形式で限定麺を作る「限定麺ラリー」。『とにかく映える』『オリジナル』『ラーメンWalker茨城2020持参の人のみ注文可』の条件を満たすメニューを考案する。第6弾は「つけめん・らーめん 活龍(かつりゅう) 本店」。提供期間は6月7日(日)、13日(土)、21日(日)、27日(土)、10月18日(日)、24日(土)のみとなっているので、「ラーメンWalker茨城2020」を持って店へ急ごう。<※情報はラーメンWalker茨城2020より>

濃厚な豚骨魚介スープに極太自家製麺がよく絡む

桜川市の名店「龍神麺」の流れをくむ店。つけ麺が人気で、濃厚豚骨魚介スープと100パーセント国産小麦にこだわった、風味の豊かな自家製超極太麺との相性が抜群だ。つけ麺は450グラムまで増量無料で、小盛りにするとトッピングサービスを受けられる。

おすすめは「つけめん」(910円)。豚骨に魚介を加えた濃厚なつけ汁は、寸胴から手鍋に移して一杯ずつ丁寧に仕上げられ、まろやかでマイルドな味わい。つけ汁にはネギ、メンマ、角切りチャーシューがたくさんのっており、食欲を存分に満たしてくれる。

【写真】人気の2ブランドを融合……!鶏系ガッツリラーメン


そんな同店が考案した限定ラーメンは、「鶏龍郎」(980円)。濃厚な鶏白湯(パイタン)スープのG系。背脂の代わりに、鶏皮ミンチをトッピングしたのも今回が初の試み。総重量は約1.2キログラムだ。

鶏の竜田揚げに注目を


豪快にトッピングした鶏の竜田揚げが「映えポイント」。柔らかなモモ肉で外はカリっと、中はジューシーな揚げたて。1枚約250グラムと食べ応え十分だ。

店主・芝山健一さん


店主の芝山健一さんは「『とりだけ』とG系の『龍郎』(つくば市)のコラボ麺です」と話す。提供期間は6月7日(日)、13日(土)、21日(日)、27日(土)、10月18日(日)、24日(土)のみで、各日限定昼15杯・夜15杯の提供となる。この機会を逃さず、特別な一杯を味わって。※6月7日(日)は夜15杯のみの提供

<つけめん・らーめん 活龍 本店:住所:つくば市筑穂1-10-27 / 時間:11:30〜14:30、17:30〜22:00(各LO) / 休み:なし>

限定麺ラリーは2020年10月まで開催。食べる際に各店からもらったシールを台誌に貼り、6店舗すべてのシールをコンプリートしたら、抽選で50人に「ラーメンWalker茨城」特製レンゲが当たるプレゼントキャンペーンに応募可能(中止店舗はシールなしでもコンプリート扱い)。ラーメン好きにはたまらない本企画に、ぜひ参加しよう。
 
※今回の限定麺を食べるには「ラーメンWalker茨城2020」の持参が必要(1人1冊、電子版不可)。開催時当日までメニューの内容、金額、数量(売切れ次第終了)が変更になる可能性あり。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
 
※掲載されている情報は2019年11月25日時点のものです。紹介店舗の価格や内容、データなどの変更のほか、季節により掲載商品の取り扱いがない場合がありますのでご注意ください。
 
ウォーカープラス編集部

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る