【行ったつもり絶景】嵐山の雄大な自然と桜を満喫「京都・嵐山公園亀山地区」

2020年5月8日 17:15更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出できない今だから、おうちで絶景ハイキングコースをたどる「行ったつもりツアー」を提案。<※情報は「関西ウォーカー2020年7号」(20年3月17日発売号)より>

京都市右京区の「嵐山公園亀山地区」は、渡月橋(とげつきょう)をはさんで桂川上下流に広がる府立都市公園。園内には展望台もあり、嵐山や保津川を見渡すことができる。

桜の季節には山をまだらに染める渓谷の桜景色が人気。タイミングがよければトロッコ列車なども見える。

雄大な保津川を眺められる展望台


桜は3月下旬から咲き始め、4月上旬が見ごろに。展望台からは、山の所々に桜が咲く雄大な保津川の景色が楽しめる。太陽の光が当たるので、おすすめなのは午前中。公園入口から展望台までは徒歩7分ほどで、散策にももってこいだ。

寺社など歴史的建築物を彩る桜が多い京都市内で、自然のままの桜が楽しめる貴重な場所。広場などもあるので、ピクニック気分で観桜できる。
※今は風景を家で楽しみ、不要不急の外出は控えましょう

この記事の画像一覧(全1枚)

キーワード

ページ上部へ戻る