【行ったつもり絶景】ススキの名所に広がる新緑の草原(奈良「曽爾高原」)

2020年4月23日 18:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出自粛により実際に行くことはできないが、絶景を見て、おうちでおでかけ気分を楽しみたい。「日本で最も美しい村」連盟に加盟している曽爾(そに)村の曽爾高原。秋のススキの名所として知られるが、新緑の草原が広がる春から夏の景色も素晴らしい。倶留尊山(くろそやま)のふもとに広がる約38万平方メートルの広大な高原が緑一色に染まる風景は圧巻。<※情報は「関西Walker2020年7号」(20年3月17日発売号)より>

草原と山々が緑一色になる新緑絶景



ススキの時期(10月上旬~11月下旬)とは違う表情を見せる春・夏の曽爾高原は、草原の新緑と周囲の山々の景色が美しい。ススキの時期ほど人が多くなく、のんびりと新緑ハイキングが楽しめる。とくに午前中は気持ちがいいのでおすすめだ。高原から車で7分ほどの場所には、温泉施設「曽爾高原温泉 お亀の湯」もあるので、ハイキングの後に立ち寄るのに便利。

春~夏の曽爾高原

この記事の画像一覧(全1枚)

キーワード

ページ上部へ戻る