アート&音楽を存分に楽しもう!新スタイルのホテルが川崎にオープン

2020年5月11日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

日本ホテル株式会社はJR川崎駅西口に5月18日(月)、ホテルメトロポリタン 川崎を新規開業する。品川駅と横浜駅まで各1駅で、それぞれ所要時間は8分、羽田空港へも30分圏内と、高い利便性で人気のエリアに誕生する新たなランドマークは、ビジネスや観光の拠点として注目を集めそうだ。

ビジネス・観光の新拠点「ホテルメトロポリタン 川崎」が2020年5月18日(月)にオープン


充実した音響設備を備えた、“音楽の街”にふさわしいホテル

“出会いと物語の始まる場所”をテーマに、川崎駅西口より徒歩2分の好立地にオープンする、ホテルメトロポリタン 川崎。客室は、スイートルーム1室、ツインルーム97室、クイーンサイズベッドのダブルルーム202室、ユニバーサルツインルーム4室の全304室。いずれの客室も、バス・トイレセパレートタイプのゆとりある設計が施された。

音の響きが美しくなるよう設計されたロビー


ロビーに音楽鑑賞用のスピーカーを追加するなど、“音楽の街・川崎”のホテルらしく、音響設備が充実しているのが特徴的。特に、音響メーカーDENONのスピーカーが8台設置されたスイートルームのホームシアターシステムでは、大迫力の映像を圧巻のサウンドで楽しめる。

スイートルームのホームシアターシステム


また、全室に備えられる49型4Kテレビは、NetflixやYouTubeなどの映像・動画サービスが利用者自身のアカウントで視聴可能。ホテルならではの上質な空間でありながら、自宅でくつろいでいるような気軽さを兼ね備えたことで、リラックス効果も倍増だ。

さらに、ベッドには、シモンズ社の最高級ブランド「SIMMONS Beautyrest LUXE SERIES」の8.25インチコイルを採用。最先端の睡眠科学から生まれた寝具で一晩眠れば、翌朝には疲れた体もすっかり癒えているに違いない。

快適なホテルステイを約束する3つの設備

ホテルステイがより快適なものになるようにと、館内には充実の設備が備えられている。

壁一面にアート作品が施されている宿泊者専用のジム


まずは、宿泊時のリフレッシュにぴったりな専用ジム(2階)。フィットネス機器が4台設置され、滞在中ならいつでも利用できる。客室とは別にタオルやミネラルウォーターが用意されるなど、細かな心配りもうれしいポイント。

打ち合わせや会議にも最適なミーティングルーム


次に、宿泊者はもちろん、宿泊者以外も予約でき、最大12人が利用可能な「ミーティングルーム」(3階)。不慣れな土地では、打ち合わせや会議の場所探しに苦労するケースが少なくない。宿泊に限らず、ビジネスシーンまでサポートしてくれる心強いサービスといえる。

大テーブルが設置され、コミュニケーションスペースの役割も担うランドリーラウンジ


最後が、「ランドリーラウンジ」(3階)。単なるコインランドリースペースではなく、大テーブルを設置されたことでコミュニケーションスペースとしての役割も担っている。宿泊者以外も対象にしたワークショップを計画しているそうなので、地域住民との貴重な交流の場として期待したい。

生演奏ライブで心躍る夜を演出

2階ロビーラウンジにあるグランドピアノは、ホテルのシンボル。毎週金曜日18時からはこの場所をステージに、音楽イベント「FRIDAY MUSIC NIGHT」を開催。プロミュージシャンや音大生による生演奏ライブが行われる。(※開業後しばらくは開催を見合わせ。詳細はホテル公式HPにて確認を)

ホテルのシンボルとして2階ロービーラウンジに設置されるグランドピアノ


特におすすめなのが、横浜のジャズ演奏集団「YOKOHAMA JAZZ EGGS」だ。毎回顔ぶれの異なるメンバーが繰り広げるライブパフォーマンスも見どころといえるが、彼らの出演時には客がパフォーマンスを見て支払うお金を決める“投げ銭スタイル“を採用。シティホテルでこうしたスタイルを用いるのは珍しいが、川崎駅周辺の路上ライブではよく見られる光景であり、地域の土壌を最大限に生かした工夫といえる。

隣接する「ミューザ川崎シンフォニーホール」とも連携し、川崎市の音楽文化を盛り上げる


ロビー内のカフェバー「REVOLVER」で販売されるワインやカクテルを片手に、自由気ままに音楽を楽しめば、ナイトタイムが一層盛り上がること間違いなしだ。

若きアーティストのアート作品を展示

加えて、「若き才能を応援する、ギャラリーさながらのホテル」のコンセプトの基、館内8カ所に1970年から90年代生まれのアーティストによる現代アートの展示スペースがある。絵画や版画、織物などから展示される作品8点のうち3点は季節ごとに入れ替えるSeasonal ART(シーズナルアート)で、展示期間が終了した後は作品が購入可能(一部作品を除く)。販売元はCHIE SAIKI ART PROJECTとなる。

2013年「アートアワードトーキョー丸の内2013」三菱地所賞などを受賞した、新進気鋭のアーティスト・平川恒太がアートを担当協力:CHIE SAIKI ART PROJECTS

こちらはジムの壁画。色彩豊かに日本の四季を表現している協力:CHIE SAIKI ART PROJECTS


また、作品の魅力をより深く理解するために、作者自らが展示作品を解説するアートサロンやワークショップも随時開設予定。「ホテルメトロポリタン 川崎」は、若手アーティストとユーザーが交流する場を設けることで、新たなつながりやコミュニティー作りも積極的に進めていきたい考えだ。

各国料理をブッフェスタイルで楽しむ

ホテル2階にある直営レストラン「Terrace and Table」は、「ライブ感と活気に満ちた食シーン」がテーマ。和食やフレンチ、イタリアン、中華、アジアなどの各国料理を、オープンキッチンでライブ感に溢れる店内で楽しめる。(※ブッフェの提供は当分の間見合わせ。詳細はホテル公式HPにて確認を)

広々としたレストラン内には、窓から自然光が差し込む


テラス席の用意もあり、ワンプレートディッシュやホテルならではのアウトドアグルメも楽しめるほか、個室では本格的なコース料理も提供。店内には大型ワインセラーを設置し、さまざまな国のワインをはじめ、豊富な種類のアルコールを用意。ニーズに合わせて、幅広い用途で使える。(※テラス席の利用は当分の間見合わせ)

コースイメージ。季節に合わせた、目にも美しい料理が並ぶ


現在は開業記念として、通常は別料金となる大人1人2500円の朝食付き宿泊プランを販売中。さらに、JRホテルメンバーズ会員はよりお得な価格が用意されているとのこと。

隅々まで行き届いたサービスで利用者の快適な宿泊をサポートする「ホテルメトロポリタン 川崎」。従来のホテルとしての魅力だけではなく、のさまざまなイベントを通して、地域の結び付きを強める交流拠点としても目が離せない存在になりそうだ。【ウォーカープラス/PR】

この記事の画像一覧(全12枚)

キーワード

ページ上部へ戻る