【行ったつもりハイキング】山の池のほとりで森林浴を楽しむ「兵庫・再度山」

2020年5月8日 10:30更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出できない今だから、おうちで絶景山歩きコースをたどる「行ったつもりツアー」を提案。<※情報は発売中の「関西の山登り&ハイキング」より>

【写真】ハーブ園山頂駅横の展望プラザから眺める神戸の絶景


兵庫県・六甲山系の再度山(ふたたびさん)は、神戸の人々に最も親しまれる山。朝夕に身近な山へ登る「毎日登山発祥の地」としても知られる。

山上の再度公園までは、大龍寺の参詣道として栄えた大師道を通って2時間半ほど。初心者でも登りやすいコースだ。帰りは神戸布引ハーブ園からロープウェイでいっきに下山。園内やゴンドラからの絶景もお楽しみ。

1「諏訪山公園」目の前に神戸の町並みを

再度山麓、標高約150メートルの高台に広がる公園。園内には金星台やビーナスブリッジの展望台があり、神戸の町並みが一望できる。夜景スポットとしても人気だ。

公園へは元町駅から徒歩25~30分ほどかかる


2「猩々池(しょうじょういけ)」休憩ポイントにピッタリ

1816年に完成した再度谷川上流の貯水池。ほとりにはあずまやがあり、 再度山ハイキングの休憩ポイントとして利用される。周囲はブナの天然林に囲まれ、とても静かな雰囲気。北側にある広場では初夏にアジサイが咲く。

再度川に沿って歩くと現れる猩々池


3「善助茶屋跡」毎日登山発祥の碑も

再度山の山頂手前の広場。「毎日登山発祥の地」の記念碑があり、最盛期には100以上の登山会があったとも言われる。ここから市ヶ原経由で下山するコースもあり。

毎日登山発祥の地の記念碑の横にはあずまやがある


4「大龍寺」弘法大師ゆかりの寺

再度山の山頂近くにある寺。弘法大師八十八か所の霊場として知られる。再度山の名前は、弘法大師が唐に渡る直前と帰国直後に2度この寺を参詣したことに由来する。

西国三十三観音が並ぶ石階段を上った所に立つ仁王門。朱塗りの山門などもある


5「再度公園」大きな池が広がる公園

標高約470メートルの再度山山上に広がる約51万5000平方メートルの公園。修法ヶ原池を中心に広がり、シーズン中はバーベキュースポットとしても人気。隣接する神戸市立外国人墓地と共に国の名勝にも指定される。

再度公園内の修法ヶ原池。池の周囲には遊歩道やベンチなども完備


6「神戸布引ハーブ園」神戸の町並みを眺めよう

神戸の町を見下ろす日本最大級のハーブ園。中世ヨーロッパの古城をイメージした建物や季節の花の香りが漂う園内では、足湯やハンモックなども楽しめる。

ハーブの足湯(無料)も完備

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、神戸布引ハーブ園/ロープウェイは休業しています。訪問は控えてください

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

ページ上部へ戻る