【コロナ対策情報付き】日本最大級の美術館、国立新美術館の楽しみ方!アクセスや見どころから、カフェ、レストランまで徹底紹介

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京都港区にある「国立新美術館」は、日本で5館目の国立美術館。展示スペースは1万4000平方メートルあり、その広さは国内最大級だ。コレクションを保有していないことに加えて、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及などの役割を担っていることから、新しいタイプの美術館ともいわれている。そんな国立新美術館について、おトクなチケット情報など基本的な楽しみ方から、美しい建築に隠された思いまでを紹介しよう。

※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください。

国立新美術館とは?「森の中の美術館」がコンセプトの国内最大級のアートセンター

個性的な外観が魅力的な「国立新美術館」を紹介(C)国立新美術館

2007年1月にオープンした国立新美術館は、のべ1万4000平方メートルという国内最大級の広さをいかして、多彩な展覧会を開催している。また、館内には12の展示室のほか、アートライブラリー、講堂、研修室を備え、レストラン、カフェ、ミュージアムショップなどの施設も充実。美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及など、アートセンターとしての役割を果たす新しいタイプの美術館だ。

光が差し込む開放的なエントランス(C)国立新美術館

国立新美術館といえば、波のような美しい曲線を描く建物の南側や、円錐形の入り口など個性的な設計が特徴的。この美しい建築を手がけたのは、建築家の黒川紀章。「森の中の美術館」をコンセプトにした建物は、美術館周辺の青山霊園や青山公園などの緑の豊かさをいかし、環境との調和が重んじられている。そのため、吹き抜けの1階ロビーをはじめ、館内のあらゆる場所から緑が楽しめる。

アートライブラリーに隣接する竹の庭(C)国立新美術館

また、3階にあるアートライブラリーには竹の庭が隣接するほか、敷地内には四季を感じられる植物が散りばめられている。アートを楽しむだけでなく、豊かな自然に触れられるのもまた、国立新美術館の楽しみ方のひとつだ。

【見どころ・回り方】施設の楽しみ方をチェック!託児サービスも

国立新美術館では、企画展や公募展が年間を通して開催されている。たくさんの人やモノ、情報が集まる国際都市・東京にふさわしく、多彩なラインナップとなっているため、ぜひ一度公式サイトからチェックしてみてほしい。

約15万冊が所蔵されているアートライブラリー(C)国立新美術館

展示を楽しんだあとには、3階のアートライブラリーや、別館1階のアートライブラリー別館閲覧室を訪れたい。約15万冊(2019年3月末現在)の美術関係の図書などが所蔵されており、誰でも無料で閲覧できる(アートライブラリーは、2020年6月現在休室中。新型コロナウィルス感染拡大防止策を講じた上で、7月をめどに事前予約制で再開予定。また、別館は平常時も利用手続きが必要で、一部の資料は事前予約制)。

広報・国際室いわく、「展覧会のほか、展覧会にあわせた講演会やシンポジウム、ギャラリートークを実施しています。また、アートライブラリーでは美術関連の書籍、カタログなども閲覧可能です。ぜひ、アートセンターとしてお楽しみください」とのこと。アートをさまざまな角度から楽しめるのは、国立新美術館の醍醐味ともいえるだろう。

また、国立新美術館では「託児サービス」を実施。原則、毎月第2木曜・第3日曜、および第4月曜は「託児の日」と設定されており、子供が楽しく遊んでいる間に、家族や夫婦、グループでゆっくり展覧会を満喫できる。実施時間は12時30分から15時30分で、場所は3階の研修室にて。0~1歳が税込2040円で、2歳~12歳は税込1020円で利用可能だ。利用には、事前予約が必要。予約受付は希望日の2カ月前の月初めより開始。定員に限りがあるので、早めの予約がおすすめだ。

【グルメ・買い物】レストラン、カフェは全部で4つ、シーンに合わせて楽しめる

館内にあるグルメスポットは、1つのレストランと3つのカフェ。おしゃれな空間でランチやカフェタイム、ディナーを楽しむことができる。

3階「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は閉館後も利用可能(C)国立新美術館

3階にある「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」は、正統派なフランス料理を気軽なスタイルで楽しめるブラッスリー。各種コース料理のほか、展覧会とのコラボメニューも提供。美術館の閉館後も利用可能なため、恋人と六本木の夜を満喫するのにもぴったりな雰囲気だ。

まるで浮いているような感覚を味わえるカフェ「サロン・ド・テ ロンド」(C)国立新美術館

館内2階の巨大な逆円錐の最上部に広がる「サロン・ド・テ ロンド」は、6種類のケーキとコーヒーまたは紅茶がセットになったケーキセット(1260円)や、マカロンセット(950円)などが楽しめる優雅なティーサロン。館内の展示を見たあとで、作品の感想を交わす場所としてふさわしい、アーティスティックなセンスを感じさせる。

昼とは違う表情を見せる夜の「サロン・ド・テ ロンド」(C)国立新美術館


フランス語で貝という意味を持つ「コキーユ」から名付けられた「カフェ コキーユ」は、波打つガラスのカーテンウォールに隣接したエントランスカフェ。約21メートルの高さがあるアトリウムと、目の前に広がるテラスの開放感が心地よく、待ち合わせに使われることも多い。

1階にあり待ち合わせにもぴったりな「カフェ コキーユ」(C)国立新美術館


地下1階にある「カフェテリア カレ」は、時間を選ばず気軽に利用できるカフェテリア。フランス語で四角いという意味を持つ「カレ」の名の通り、広々とした四角い空間に、子供から大人まで幅広い層の人が楽しく集える多彩なメニューが用意されている。

「カフェテリア カレ」にはカレーやパスタなど子供が楽しめるメニューもあり(C)国立新美術館


館内の散策とグルメを楽しんだあとは、ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」へ。「スーベニアフロムトーキョー」には、知名度やジャンルにとらわれず新しいデザインやアートのグッズがそろっている。オリジナルグッズはもちろん、企画展に合わせたグッズも並んでいるので、来館した思い出を持ち帰るために立ち寄ってみてはいかがだろうか。

【休館日・開館時間・料金】基本情報をガイド!おトクなチケットもあり

休館日は火曜日(祝日の場合は翌平日)。開館時間は、企画展の会期中は10〜18時、金・土曜日は20時まで(7月〜9月は21時まで)、閉館の30分前まで入場可能だ。公募展の場合は、団体により異なるので公式サイトを確認しよう。ただし、アートライブラリー、レストラン・カフェ、ミュージアムショップといった施設や、展覧会によって時間が異なる場合もあり。

入館料は無料。ただし、展覧会のチケットは別途必要で、観覧料金は展覧会により異なる。詳しくは、公式サイト内にあるお目当ての展覧会のページなどをチェックしよう。

また、開催中の公募展のチケットを提示すると、企画展が割引料金で観覧可能。さらに、国立新美術館、サントリー美術館、森美術館は「六本木アート・トライアングル」というネットワークを形成しており、各館で開催している展覧会チケットの半券を提示すれば、他の2つの美術館の観覧料が割引になる「あとろ割」が利用可能(※対象外の展覧会もあり)。アート情報を載せた「あとろマップ」の配布も行っている。

紹介した以外にも、おトクなチケットや割引が複数あり。いずれも展覧会によって内容が異なるため。訪れる前に最適なチケットを探すのがおすすめだ。

【アクセス】東京メトロ乃木坂駅から直結、複数ルートあり

最寄り駅は、東京メトロ乃木坂駅。6出口から直結で行ける。このほか、東京メトロ・都営地下鉄六本木駅7出口から徒歩約4分。さらに、都営バス「六本木駅前」からは徒歩約7分、「青山斎場」からは徒歩約5分、港区コミュニティバス「ちぃばす」の赤坂循環ルートの場合は「六本木七丁目」から徒歩約4分で到着。電車、バス複数の路線からアクセスしやすいのは大きな魅力だ。

国立新美術館には駐車場はない。そのため、車で行く場合は、東京ミッドタウン駐車場など周辺にある有料駐車場を利用しよう。

【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】

・出入口にアルコール消毒液を設置しています。
・感染防止のため、スタッフがマスクやフェイスシールドを着用しています。
・エレベーターやエスカレーターなど多くの人が手を触れる場所については、こまめに消毒および清掃を行っています。
・会場内の適切な換気を行っています。
・当館スタッフの手洗い及び健康チェックのための検温を徹底しています。

取材・文=於ありさ

<施設情報>
・住所:東京都港区六本木7-22-2
・アクセス:【電車】東京メトロ乃木坂駅6出口直結。東京メトロ日比谷線・都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
・営業時間:10:00~18:00、会期中の金曜・土曜は~20:00(7~9月の金曜・土曜は~21:00)。最終入場は閉館の各30分前
・定休日:火曜(祝日の場合翌平日)
・駐車場:なし
・料金:入場無料。※観覧料は展覧会によって異なる。


※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※2020年5月時点の情報です。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

イルミネーション特集

イルミネーション特集 2023

全国約700カ所のイルミネーションを、地図や電球数など充実のデータと、人気順から探せる便利な機能で完全ガイド!

CHECK!最新の人気ランキングはこちら

六本木周辺イルミ  表参道・原宿イルミ

いちご狩り特集

いちご狩り特集

全国約500件のいちご狩りが楽しめるスポットを紹介。「予約なしOK」「今週末行ける」など検索機能も充実

お花見ガイド2024

お花見ガイド2024

全国1300カ所のお花見スポットの人気ランキングから桜祭りや夜桜ライトアップイベントまで、お花見に役立つ情報が満載!

CHECK!河津桜の情報はこちら

ページ上部へ戻る