もっちもちのフルーツ大福が看板商品!徳島のだんごと大福の専門店「だんごとバースブック珈琲」

2020年9月15日 13:33更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

自宅で過ごす時間が増えている中、おいしいテイクアウトグルメに注目が集まっている。徳島県徳島市の「だんごとバースブック珈琲」は、県内で附家書店を展開する港興業による、だんごと大福の専門店。目玉商品は徳島県産のフルーツを使用したフルーツ大福だ。

【写真】断面もかわいい!旬のフルーツをもっちもちの大福に


2019年にブックカフェとしてオープンし、2020年3月にリニューアルを行った「だんごとバースブック珈琲」。リニューアルにあたって新開発したのが、徳島県の旬の食材をいかしたフルーツ大福。3カ月以上かけて、お餅とフルーツ、あんこなどのバランスを追求した末に誕生した。お餅は国産米を使用したもちもち食感が特徴的で、噛めば噛むほど甘みが増してくるため、フルーツの酸味との相性も抜群だそう。

たくさんのフルーツとあんこが詰まった「大粒パフェ大福」(450円)


なかでも同店のイチ押しが、見た目も華やかな「大粒パフェ大福」(450円)。複数のフルーツと生クリーム、あんこをふんだんに使用して、まるでパフェのような豪華な仕様に。和洋折衷の新感覚スイーツとなっている。

このほか、鳴門産うずしおベリーを使用した期間限定の「いちご大福」(280円)や、徳島県産の鳴門金時芋を使用した「鳴門金時大福」(280円)など、バリエーション豊かな大福をラインナップ。いずれも、カフェ内でのイートインとテイクアウトを選択可能だ。今後は、季節ごとに旬の素材を使用したフルーツ大福を展開し、品ぞろえを変えていくという。

徳島県産の鳴門金時芋と生クリームのバランスが絶品の「鳴門金時大福」(280円)


カフェメニューにも、団子をトッピングしたパフェやフルーツあんみつといった魅力的な商品がそろう。
徳島県ならではの旬の甘さを楽しめる絶品大福を、ぜひ堪能してみよう。

■だんごとバースブック珈琲
住所:徳島県徳島市西新浜町1丁目6-1 マルナカ スーパーセンター徳島店内
Instagram: https://www.instagram.com/birth3710/

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る