阪急で夏のシュガーバターサンド登場、買えるのは大阪&博多だけ!

2020年6月4日 17:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京を代表する洋菓子ブランドのひとつ「銀のぶどう」がプロデュースする「シュガーバターの木」は、阪急限定品「シュガーバターサンド きゃらメリゼ」を5月26日から夏期限定で販売開始した。

北海道ミルク仕立てのホワイトチョコレートがたっぷり


2016年の発表以来毎年ファンを増やし続け、累計販売380万個を突破したベストセラーサンド「シュガーバターサンド きゃらメリゼ」。緊急事態宣言によるショップ休業で販売が延期されていたが、満を持して帰ってくる。
ショップで購入できるのは大阪(阪急うめだ店)、博多(博多阪急店)だけの、レアな逸品だ。

「きゃらメリゼ」の魅力は、何といっても"パリとろ"の新食感だ。全粒粉やライ麦香るシリアル生地に、焦がすほど香り立つよう配合した特製ブレンドシュガーをふり、炎でキャラメリゼ。飴色に輝くパリパリの生地を噛めば、中からホワイトショコラがとろりと溶け出す。

「とにかく食感が楽しい」と大好評の「きゃらメリゼ」を、この機会にぜひ味わってほしい。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る