コメダの新作「カリーメンチカツバーガー」が発売!新宿中村屋との大人気コラボ第3弾

2020年5月28日 12:27更新

東海ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「コメダ珈琲店」の新作メニュー「カリーメンチカツバーガー」が、2020年5月27日(水)に発売された。新宿中村屋とのコラボ商品で、定番の「カツカリーパン」や昨年登場した「カリーコロッケバーガー」に続く、第3弾となっている。

新宿中村屋と共同開発した、スパイシーなカリーソースを使用する3種類のバーガー

新宿中村屋と共同開発したオリジナルカリーソースは、厳選した香辛料を使用した深みのあるスパイシーな味わいが特徴。「カリーメンチカツバーガー」(税込 560円~590円)の、肉感あふれるメンチカツとよく合う。コクがあり、一口食べるごとに食欲をそそる1品だ。

【写真】コメダの新メニュー「カリーメンチカツバーガー」は、新宿中村屋とのコラボメニュー


そのほか、国産ポテトのまろやかな甘味がクセになる「カリーコロッケバーガー」(税込 480円~510円)や、大人の味わいで定番商品となった「カツカリーパン」(税込 880円~940円)も見逃せない。カリーソースはやや辛めの味付けなので、辛いものが苦手な人は注意しよう。

全国の「コメダ珈琲店」に、新作の「カリーメンチカツバーガー」が登場


「カリーメンチカツバーガー」と「カリーコロッケバーガー」の販売は、8月下旬までを予定。テイクアウトも可能なので、夏にぴったりのスパイシーな新メニューをぜひ味わってみてほしい。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る