6分登れば琵琶湖の絶景!賤ケ岳リフトがオープン

2020年6月3日 08:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

琵琶湖や余呉湖、竹生島や伊吹山方面の平野部までの絶景が望める「賤ヶ岳(しずがたけ)リフト」が5月23日にオープン!約6分の空中散歩と、美しい自然の風景が楽しめる。

【写真】頂上からは琵琶湖や余呉湖の絶景が/賤ケ岳リフト


リフトで賤ケ岳山頂へ!琵琶湖や余呉湖の絶景を満喫

賤ヶ岳リフトは、賤ヶ岳トンネルにほど近い乗り場から賤ヶ岳古戦場を結ぶリフト。頂上からは、琵琶湖や余呉湖などの絶景が望める。
今年は新型コロナウィルス感染症の影響により、4月のオープンを延期。国の緊急事態宣言の解除を受けて、5月23日からのオープンとなった。

賤ヶ岳は、安土桃山時代に「賤ヶ岳の戦い」が行われた場所。羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)と柴田勝家の決戦の舞台で、現在でも賤ヶ岳古戦場として歴史ファンが多数訪れる。
頂上には、「賤ヶ岳七本槍」と呼ばれた兵の旗や武将像などがあり、歴史を感じることができる。

賤ヶ岳古戦場から余呉湖畔までは、ハイキングも可能。徒歩約1時間30分のハイキングコースが整備されており、秋には紅葉狩りも楽しめる。

絶景と歴史を一度に楽しめる「賤ケ岳リフト」。ぜひ自然のなかの空中散歩でリフレッシュしよう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る