半露天風呂付きの客室でリラックス!星野リゾートで「とことん3密回避滞在プラン」スタート

2020年6月15日 14:16更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

「星野リゾート 青森屋」(青森県三沢市)では、7月1日(水)より、新型コロナウイルス感染症への対策をしっかり行いながら、外出自粛でたまったストレスを解消できる「とことん3密回避滞在プラン」を開始。自慢の郷土料理や豊かな自然はもちろん、半露天のプライベートな温泉やテラス席の貸し切りなど、3密防止を徹底したプランで、のんびり安らぎの時間を過ごせる。

源泉掛け流し温泉付きの客室でプライベートな時間が楽しめる

本プランでは、源泉掛け流しの半露天風呂付きの客室に泊まることで、プライベートな入浴が可能に。とろりとした肌触りの温泉は古牧温泉を源泉としたもので、神経痛、筋肉痛、疲労回復の効果がある。

また、このプラン限定で貸し切り利用が可能となる「八幡馬(やわたうま)ラウンジ」(※要予約)では、コーヒーや地酒を楽しみながら、池を一望するテラスでくつろぐことができる。密集や密接とは程遠い、ストレスフリーな憩いのひと時が送れそうだ。

【写真】伝統工芸品の「八幡馬」をモチーフにした「八幡馬ラウンジ」を貸し切り


青森の伝統的な家屋を使用したレストランでは、通常時よりもテーブル席の間隔を拡張し、ソーシャルディスタンスに気を配った空間で安心の食事タイムを。夕食では、青森の人々に古くから愛されている7種類の魚卵と、8種類の珍味である「七子八珍(ななこはっちん)」を使用した会席料理が、朝食では、郷土料理の「貝焼き味噌」や串焼きの魚など、素朴な青森の味が楽しめる。

七子(たらこ、すじこなど)と八珍(さめ、シャコなど)を使った郷土料理

テーブル席の間隔が開けられているほか、部屋での食事も可能


星野リゾートでは、「衛生管理」と「3密回避」の2つの対策軸から、チェックイン時の検温や食事のテイクアウトサービス、混雑時の入所・入店規制など、さまざまなサービスを行っている。

「星野リゾート 青森屋」。喧騒を離れ、優雅な時間が過ごせそうだ


プランの提供期間は、7月1日(水)チェックインから10月31日(土)チェックインまで。予約は公式HPにて、宿泊の1週間前まで可能だ。この機会に、疲れ気味な心身をリフレッシュしよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※情報は6月11日時点のものです。内容には変動の可能性がありますのでご了承ください。また、施設・店舗の最新の営業状況については公式サイト等をご確認ください。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

ページ上部へ戻る