「オトナ偏差値…まだ途中!」乃木坂46伊藤純奈が自身の連載への思いを語る

2020年6月25日 11:00更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

乃木坂46の伊藤純奈が雑誌「横浜ウォーカー」(KADOKAWA)で持つ連載「オトナじゅんな」。毎号愛する地元横浜・神奈川でさまざまな大人体験に挑戦し、その道のプロから作法や流儀を学びオトナ偏差値をあげていくという企画だ。横浜ウォーカー(2020年6月・7月合併号、6月19日発売)をもって、月刊での発行が休刊となるため、連載も一旦お休みになる。

これまで「着付けをならって、鎌倉の町を歩く」(第1話)、「クラフトビールの味を知る」(第2話)、「本格オムライス作りにトライ!」(第3話)、「生活にグリーンを取り入れる」(第4話)、「洋館で横浜の歴史に触れる」(第5話)などさまざまな体験をしてきた。連載開始からちょうど1周年を迎える同号では、12回目となるオトナ体験「本格パン作りに挑戦♡」とともに、1周年&1stシーズンスペシャルとして誌面未公開ショット、伊藤純奈インタビューなど5ページに渡りたっぷりとお届けする。

連載オトナじゅんな(第12話)では「本格パン作りに挑戦♡」。大好きなパンを前にうれしそうな笑顔の伊藤純奈。誌面未公開ショット(C)撮影=アベユキへ


「最初は力が入っていたけど、回を重ねるうちに表情も自然体になっていったと思う」

【伊藤純奈】「『オトナじゅんな』は伊藤かりんちゃんの連載『かりんな女子力↗』を引き継ぐ形で始まったんですが、すてきなタイトルをつけていただいてすごくうれしかったし、題字を書いたのもいい思い出です。雨降りだった初回のロケをはじめ、どの体験も思い出深い。横浜に帰る機会も少ないから、撮影のたびに新しい発見がたくさんありました。

初めは『かりんちゃんが優秀だったから頑張らなきゃ!』って力が入りすぎていたけれど、回を重ねるうちに自分のペースがつかめるようになりました。こうして自然体でいられたからこそ、表情のバリエーションも増えていったと思う。皆さんにもそんな変化を感じてもらえていたかなぁ…?

そして何より、言葉にせずともわかってくれる横浜ウォーカーさんの空気感が心地よくて。なぜかいつも、じゅんがやりたいことをわかってくれるんですよ(笑)!。第1話も大好きな着物の体験だったから『なんでじゅんの好みがわかるの…?』と、びっくり(笑)。今回も、ぽろっと『ポンパドウルの明太子フランスが大好物』って話したことがら実現した企画でした」

ーー「そんなそんな…!“オトじゅん”チーム一同、感涙です。これまでにいろんな体験をしましたがベスト3を選ぶとしたら?」

【伊藤純奈】「1位は初回! 女将風ショット、まだあどけないですね(笑)。2位は、(渡辺)みり愛とバースデーを祝っていただいた第6話かなぁ。プライベートでも誕生日に風船を飾ったりして過ごしたことがなかったから、ちょっと憧れていたんです。なので、盛大にお祝いしていただいてうれしかった!
3位は、悩むなぁ~…。資生堂S/PARK(第9話)とビリヤード&ダーツ(第11話)! 9話の写真が、乃木坂人生史上1、2を争うくらい自分好みなんですよ。見返すと、このあたりからオトナな雰囲気になってきたのかな? エクステつけたり、ウルフやボブにしたり…髪形もだいぶ変わりましたねぇ。ほんと、1年って早い!」

初回は、鎌倉で雨が降りしきる中での撮影だった。天の川柄の夏の着物がお気に入り。誌面未公開ショット(C)撮影=齋藤ジン

第9話は「資生堂S/PARKで美を極める」。コスメコーナーで撮影終了だったが、撮影後も手にとって色々試していた(C)撮影=アベユキへ


「両親も“オトじゅん巡り”をして伊藤家でも盛り上がっています(笑)」

ーー「この1年で12のスポットを訪れましたが、すっかり“オトじゅん”の聖地になっていますね。」
【伊藤純奈】「聖地巡りしてるよ~って握手会で話しかけていただいたり、連載を通して皆さんと交流できたのも楽しかった! 実は両親も“オトじゅん”巡りしているらしく、伊藤家でも盛り上がっていて(笑)。親戚たちからも『見てるよ!』と言われる度に『そうだよ~毎月載ってるよ!』ってドヤァしてます(笑)。
今はあまりおでかけできないから、早くまた横浜の街を歩ける日が来るといいなぁ。おうち時間も充実しているけれど、落ち着いたらひたすらお散歩したい!じゅんは知らない街で地図を見ずに歩くのが好きなんですが、横浜は歩くのが楽しい場所だということも、この1年で再確認しました。いい街ですよね」

おうち時間はどんな風に過ごしているの?

【伊藤純奈】「スイカ5人(西野七瀬、斉藤優里、伊藤かりん、川後陽菜)でリモートトークしたり、ブログやモバメを通してファンの方と交流したり。あとは普段派手なネイルができないから、かわいい色のマニキュアを塗るのもマイブーム! あっ、ちゃんと自炊&断捨離も継続していますよ~。
でもやっぱりメンバーや皆さんが恋しくなる…。『オトナじゅんな』もお休みになりますが、また会える日を楽しみに頑張っていきます。オトナ偏差値も…まだ途中! 生け花に挑戦できなかったのが心残りだから、いつかやりたいなぁ。皆さん、これからもよろしくお願いしますね。そして、いつもありがとう」

乃木坂46メンバーとして、また舞台女優としてもこの1年で大きな成長を遂げた伊藤純奈。
大人っぽさとあどけなさ、美しさと可憐さといった二面性を併せ持ち、おちゃめな素顔でまわりを魅了する彼女。横浜ウォーカー6月・7月合併号では、上記に加えてさらにインタビューと、これまでの誌面未公開ショットや、SNSにアップしたオフショットも公開。
20歳から21歳のすてきな成長の移ろいを、ぜひチェックしてほしい!

取材・文=金城和子、編集部/撮影=アベユキへ、齋藤ジン
【横浜ウォーカー編集部】

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る