トーマスの恒例イベント「DAY OUT WITH THOMAS」の開催が決定!

2020年6月13日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、開催を見合わせていた「DAY OUT WITH THOMAS」。緊急事態宣言の解除、政府や自治体による自粛要請緩和を受け、大井川鐵道が今年の「きかんしゃトーマス号」の開催を改めて発表した。2020年6月26日(金)からトーマス号の運行がスタートし、同時にイベントやツアーも開始する。

大井川鐵道をトーマス号が走る!「DAY OUT WITH THOMAS」開催決定


「DAY OUT WITH THOMAS」では、大井川本線の新金谷駅から千頭駅までの37.2キロに渡り、「きかんしゃトーマス号」が運行。乗客はトーマスによる車内アナウンスに耳を傾けつつ、大井川や茶畑など美しい景色を堪能できる。

【写真】迫力満点のきかんしゃトーマス号に乗車しよう!


また、トーマス号の運転日には、千頭駅構内で「トーマスフェア」も開催(入場料金:小学生以上500円)。パーシーやヒロ、ラスティーなどの仲間たちが展示される中、「ラスティーの遊覧運転」や「ウィンストンのレールライド」に乗車して遊ぶことも可能(一部別料金)。

さらに今年は、新キャラクター「2かいだてバスのバルジー」も登場。7月以降は、往路はトーマス号、復路はバルジーに乗車できるツアーも予定しており、こちらも見逃せない!

「2かいだてバスのバルジー」も仲間入り


運行・イベントに際し、大井川鐵道では乗客・来場客の感染拡大防止に向けた取り組みを実施。乗車定員を縮小し、改札口では検温を行うほか、当面の間、千頭駅の「トーマスフェア」と、新金谷車両庫の「SL整備工場見学」は、トーマス号乗車客のみ入場可能となる。

乗車料金は、片道3050円(小人1530円)で記念グッズ付き。乗車には、事前に抽選方式のチケットを購入するか、ツアーの予約が必要だ。トーマス生誕75周年の記念に、乗車してみては?

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

(C) 2020 Gullane (Thomas) Limited.

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る