ひらかたパークで「リアル潜入ゲーム 怪盗」 参加者は怪盗になって巨大倉庫に潜入

2020年10月23日 23:08更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

ひらかたパーク (大阪府枚方市) イベントホールIで6月19日(金)、「リアル潜入ゲーム 怪盗『PHANTOM THIEF』(ファントムシーフ)」が始まった。

「リアル潜入ゲーム」を体験

さまざまな体験型ゲーム・イベントを企画運営するSCRAP(東京都渋谷区)が企画制作。関西初進出となる同作は、史上最大スケールとなる約950平方メートルの会場が舞台。参加者は怪盗となり、極悪非道な方法で世界中から財宝を集める美術商の巨大倉庫へ潜入するストーリー。もともと3月7日から開催する予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。
 

美術倉庫の中に潜入

リアル潜入ゲームは、参加者が敵のアジトに潜入し、ミッションをコンプリートする体験型ゲーム・イベント。ミッションコンプリートには、銃を持つ敵の目をかいくぐりながら情報を入手し、仕掛けや罠から逃れなければならない。フロアに響く敵の足音に耳を澄まし、声を潜め、身を隠しながら、敵の動きを予測し、奥へと潜入していく。身を潜めるスリル、敵に撃たれる恐怖、迫るタイムリミット……。全世界で600万人以上の参加者を熱狂の渦に巻き込む「リアル脱出ゲーム」を生み出したSCRAPによる、新機軸のアクションゲーム。

【写真】銃を手に巡回する警備員と鉢合わせ

プレイ形式は制限時間45分。制限時間がすぎても、1人につき800円のコンティニューチケット購入で10分の時間延長ができる。チーム人数は最大3人。
 

「リアル潜入ゲーム 怪盗『PHANTOM THIEF』」のフォトスポット

実際に体験してみると、巨大倉庫には銃を手に巡回する警備員。複雑怪奇な暗号や張り巡らされた罠など、スリル満点の仕掛けがたっぷり。ネタバレになるので詳しく書けないが、最後の仕掛けが圧巻だった。 

さまざまな部屋に潜入

 
■リアル潜入ゲーム 怪盗[PHANTOM THIEF](ファントムシーフ)
開催期間:2020年6月19日(金)~ 9月6日(日)
会場: ひらかたパーク イベントホールI(大阪府枚方市枚方公園町1-1)
料金:(1名あたり)【前売】一般 3,100円/学生 2,800円【当日】一般 3,600円/学生 3,300円【コンテニュー】一律 800円(10分)

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る