ロイヤルパークホテルで縁日気分! 夏まつりアフタヌーンティー

2020年7月2日 11:55更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

いよいよ夏本番。今年は各地で夏イベントが中止になっているが、都心のホテルで夏祭り気分を味わえるアフタヌーンティーがスタートする。ロイヤルパークホテルで7月1日(水)~8月31日(月)に登場する「夏まつりアフタヌーンティー」(3500円)だ。

夏祭り気分が楽しめるこの時期だけのアフタヌーンティー

ロイヤルパークホテル1階ロビーラウンジ「フォンテーヌ」では、季節に合わせたアフタヌーンティーを実施しているが、夏メニューとして登場するのが夏祭りをテーマにしたアフタヌーンティー。昔懐かしい、夜店の味がおしゃれなスイーツやセイボリーになっている。

夏祭りの縁日をめぐっているようなワクワク感たっぷりのスイーツとセイボリーが並ぶ

華やかなかんざしと浴衣の女性をモチーフにしたチョコレート細工は、ショコラティエのこだわりが感じられ、食べるのがもったいないと感じる完成度。また、金魚鉢をイメージした涼やかな仕上がりのグラスデザートもフォトジェニックな一品。ほかにも花火をイメージしたカシスタルト、リンゴ飴に見立てたリンゴムースなど、縁日の出店をめぐっているかのように、ワクワクするラインナップ。セイボリーでも、「たこ焼きのキッシュ」と「焼きとうもろこしとマヨネーズのダニッシュ」といった夜店の味を再現したものが並ぶ。期間中、浴衣で来店すると10%オフになる特典もあるので、まさにホテルで夏祭り気分が味わえる。

【写真】2017年の登場時から話題になった夏スイーツ「スノードームケーキ」

また、ロイヤルパークホテルの夏といえば、「スノードームケーキ」(各1500円)も外せない。2017年以来夏限定で販売している“進化系かき氷”で、雪のような口どけのふわふわかき氷と生クリームケーキのハイブリッドスイーツ。ホテルのロビーラウンジで楽しめる夏ならではのスイーツ。今年は、ロイヤルパークホテルの定番人気スイーツの「モンブラン」をアレンジした、スノードームケーキのモンブランが登場。香り豊かで柔らかな和栗の生クリームと、冷たいミルクとカシスの二層のかき氷が口の中で溶け合って何ともいえない絶妙な味わい。毎年根強い人気の「ストロベリー」と「ミルクメロン」を加えた3種がメニューに並ぶ。

縁日気分を味わうアフタヌーンティーと、ひんやりふわふわの進化系かき氷、どちらを選ぶか迷うところ。期間限定だが、2カ月あるので両方楽しむのもいいかも。特別感のあるホテルスイーツで、熱い夏を乗り切ろう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る