老舗イタリアンの看板メニューも登場!  グルメ大国、川崎駅エリアはテイクアウトも充実

2020年6月30日 11:00更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

外出自粛は解除となったが、まだまだテイクアウトメニューの需要が続いている。数多くの飲食店が連なる川崎駅周辺でもさまざまなお店がテイクアウトやデリバリーを実施中だ。老舗イタリアンのテイクアウト限定メニューや本格的なカレー専門店など、川崎エリアの中でも特におすすめの3店舗に注目。家庭では作り出せない味を楽しんで、地元の飲食店を応援しよう。


本格派の間借りカレー「スパイスカレー6時間」


ミューザ川崎のグルメ横丁にある 「スパイスカレー6時間」 は、夜営業のみのパブ「ノスタルジア」の昼時間を使って営業している間借りレストラン。営業時間は11時から14時のランチタイムだが、最近では人気ゆえ14時前に閉店することも多々ある。店主の長谷川さんが独自で研究を重ねて作るカレーはどれも個性的で、一度食べたらクセになる味わい。汁漏れ防止の容器を使うなど、テイクアウトでも安心して持ち帰れるのがうれしい。値段は全て税込み。

肉好きにはたまらない! 八丁味噌とラムの無水キーマカレー(1000円)

八丁味噌とラムの無水キーマカレー(1000円) は、青唐辛子やカイエンペッパーなど複数のスパイスで辛味を出し、八丁味噌を加えてコクと旨味をプラスした辛口カレー。ラムの挽き肉は風味豊かで、仕上げにのせた炙り牛バラ肉ともよく合う。肉感が半端ないので食べ応え満点!

店一番人気の2種あいがけカレー(900円)

チキンカレーとポークカレーの2種が楽しめる、 2種あいがけカレー(900円) 。鶏モモ肉とじっくり煮込んだ手羽元入りのチキンカレー、豚肩ロースを使いスパイシーな味わいに仕上げたポークカレーの2種がセットでどちらも素材の味をいかした味わいに。

QRコードでLINEの友達追加を行うと、テイクアウトの予約やウーバーイーツでのデリバリー予約がスムーズに行える。また、店内での食事はワンドリンクサービスなのも嬉しい。SNSで営業状況などもアップしているので、合わせてチェックしよう。

【スパイスカレー6時間】 住所:神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎1Fグルメ横丁131 電話:070-5022-5977 時間:テイクアウト・店内11:00~14:00※売切れ次第終了(LO13:45) 休み:日曜、月曜※臨時休業あり 席数:17席 ※禁煙 駐車場:なし 交通:JR川崎駅西口より徒歩3分、京急線京急川崎駅中央口より徒歩5分

2019年12月にオープン。店の外にもスパイスのいい香りが漂う「スパイスカレー6時間」


川崎で一番古い「イタリア料理モナリザン」

1964(昭和39)年の創業、川崎エリアで最初にイタリア料理店を始めた「イタリア料理モナリザン」。ソムリエやチーズプロフェッショナルなどさまざまな資格をもつ三代目の料理長の大嶌正悟さんは、創業当時の味を受け継ぎながらイタリア郷土料理をベースとした料理やワイン選びなどを行っている。
ピザやパスタなど店内メニューの多くがテイクアウト可能で、店内の価格より10%オフなのもうれしい。また、大嶌さんがセレクトしたワインは30%オフで購入できる。値段は全て税込み。

2020年5月に登場した、ディナー弁当 スペチャーレ(2700円)

牛フィレ肉のステーキをメインに、自家製のソーセージや魚料理、冷製の前菜3~4種など、モナリザンの人気メニューがワンプレートに詰まった ディナー弁当 スペチャーレ(2700円) 。ナポリタンなど食事系のメニューも1品入るので家飲みのお供に。

看板メニューのキャセロール(1069円)

創業時から不動の人気を誇るパスタ料理の キャセロール(1069円) もテイクアウトOK。自家製のベシャメルソースと2種類ブレンドしたトマトソースをパスタに絡め、チーズやエビをのせてオーブンで焼いている。チーズの香ばしい香りとパスタに絡んだ濃厚なソースが美味! キャセロールのソースを真空パックに詰めたソースだけの販売もある(2人前1000円)。

ほかにもピザやドリアなどテイクアウトメニューは多数。さらに、リクエストで誕生したナポリタンのソースなど、気になる料理は直接交渉するのもあり。屋上で栽培しているミントを使ったモヒートも人気で、料理を待っている間に特製モヒートで一杯やるのもおすすめ♪

【イタリア料理モナリザン】 住所:神奈川県川崎市川崎区東田町4-10 電話:044-222-7445 時間:テイクアウト・店内11:00~22:00(LO21:00) 休み:なし 席数:120席 ※禁煙 駐車場:なし 交通:JR川崎駅東口より徒歩7分、京急線京急川崎駅中央口より徒歩6分

レンガ造りの趣のある「イタリア料理モナリザン」


テイクアウト限定料理が楽しめる「トラットリア イルリッチョ」

「トラットリア イルリッチョ」は、鳥取や長崎など全国から取り寄せた旬の素材を南イタリア料理にアレンジ。グランドメニューにはないパエリアや鹿肉を使った弁当など、テイクアウト限定で楽しめる料理は近隣住民からの支持も高い。また、不定期で音楽ライブを開催しており、店内で食事を楽しみながら鑑賞するだけでなく、SNSで無料配信を行っているので家で鑑賞しながら食事が楽しめる。料理は全て税別。

コスパ満点のモサエビのパエリアbento(550円)

弾力&旨味が強く殻ごと食べられる幻と言われる鳥取県産のモサエビのほか、長崎県産の魚介を使用した モサエビのパエリアbento(550円) 。淡路産の米を使用したサフランライスに魚介の旨味がギュッと詰まった逸品だ。

パエリアと一緒に食べたいサイドメニューはポテトサラダシチリア風(200円)。卵やマヨネーズを使わず、オリーブオイルとレモンでさっぱりした味わいに仕上げている。ほか、自家製ジンジャーエール(380円)も食事のお供におすすめ。

【トラットリア イルリッチョ】 住所:神奈川県川崎市幸区下平間214-1 電話:044-223-8112 時間:テイクアウト11:45~13:30、17:45~19:30、店内11:45~13:30、17:45~21:30、土曜・日曜・祝日~14:30、17:45~21:30(各LO) 休み:火曜 席数:20席 ※禁煙 駐車場:1台(無料)  交通:JR鹿島田駅より徒歩8分

イタリアの国旗が目印「トラットリア イルリッチョ」


【横浜ウォーカー編集部】取材・文/橘 孝枝

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る