“お茶”に着目のスタバが六本木ヒルズに登場 フルーツ×茶葉の新体験を提供

2020年6月26日 06:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

7月1日(水)、「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」が“ティー”に着目したお店にリニューアルオープンする。編集部ではひと足早く同店の魅力を取材。新感覚ティーの体験レポートをお届けする。

開放的な雰囲気の「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」

1971年、スターバックスがアメリカでの創業当時に掲げていたブランド名は「Starbucks Coffee, Tea and Spices」。その名の通り、コーヒーやティーの量り売りからスタートした同社は、コーヒーに並ぶ主力メニューとして、さまざまなティービバレッジや商品を提案し続けてきた。

また、スターバックス コーヒー ジャパンでは、日本に馴染み深い“抹茶”や“ほうじ茶”でラテやフラペチーノを作り、新しいティー体験を提案し続けてきたが、今回は、同社のルーツと進化の立役者でもあるこの“ティー”に改めて着目し、ティービバレッジを存分に楽しめる店舗として「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」をオープン。色鮮やかで香り豊かなティーを多彩なビバレッジで展開していくという。

実際に新店舗に近づいてみるとビックリ。日比谷線の六本木駅から六本木ヒルズはエスカレーターで直結しており、そのエスカレーター裏の“隠れ家的”な印象があった店舗だが、明るく華やかな雰囲気に変貌を遂げていた。

リニューアル後の店舗は面積が増えたのかと思うほど広々と開放的で、180度違った印象に。各テーブルが少し小さくなったことで実現した中央通路の大きなスペースと、明るい木目調の内装、各国のティーを表現したダイナミックなタペストリーのデコレーションが華やかさを演出していた。

店舗外観。リニューアル前より明るさが格段にアップしていた

タペストリーのデコレーションなどで華やかに


ここで提供されるのは、スターバックスのイノベーションハブである「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」にあるTEAVANA(ティバーナ)バーの商品からインスピレーションを受けて新たに開発した「ティー クリエイション」など。ふんだんに使用するフルーツと茶葉の個性を組み合わせ、新しいティー体験を届けてくれる。

注目は、「ゆず&シトラス ラベンダー セージ ティー(ホット/アイス) 」(Tall590円) 。同社広報担当者曰く、「シグネチャービバレッジとして提供していく」商品だという。爽快なサジー(グミ科の植物)の香り、甘いパイナップルやオレンジの味わい、余韻に残るほのかなラベンダーとセージの風味が特徴的な「シトラス ラベンダー セージ ティー」に、シトラス果肉とルビーグレープフルーツジュレを合わせたビバレッジとなっており、飲んでみるとまるでカクテルのように重層的な味わい。洗練されたブレンドティーの本格感とフルーツ感を同時に楽しめる一杯で、キリッと冷えたアイスはこれからの夏にぴったりだ。

【写真】シグネチャービバレッジとなる「ゆず&シトラス ラベンダー セージ ティー(ホット/アイス) 」(Tall590円)


取材・文=平井あゆみ

※開店日より当面の間はセーフティーオペレーション実施に伴い減席で営業。
※すべてのビバレッジをガラスマグで提供予定(ストレート ティーは通常のマグカップで提供)だが、セーフティーオペレーション実施期間はプラスチック/ペーパーカップで提供。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

ページ上部へ戻る