街ぐるみでテイクアウトも充実! 平塚の味をお持ち帰り

2020年7月6日 17:00更新

横浜ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

店の検索アプリも開発されるなど、テイクアウトが盛り上がっている平塚。緊急事態宣言が解除された後も、街ではプロの味を求める声が継続中! 地元に根付いた店が多いエリアなので、タクシー会社と連携するなどのデリバリーサービスも盛んだ。そんな街の、おすすめテイクアウトを紹介しよう!

平塚のスープカレーといえばこちら!「ケムリカレー」

移動販売で話題となったスープカレーの店 「ケムリカレー」 。2018年に実店舗を構えつつも、今も水曜は「茅ヶ崎シーサイド住建」などで移動販売をする、地元で人気のスープカレー店だ。全てのメニューがテイクアウトできるのがありがたい。

「ケムリカレー」のレギュラーメニューの角煮スープカレー(1150円)

そんな店でイチオシのメニューは、 角煮スープカレー(1150円) 。「脂までおいしい豚」と店主がいう通り、平塚の牧場「フリーデン」産の、地元ブランド・やまと豚を使用した角煮がゴロッと入る。無化調だが、旨味がしっかりと染み出たスープが特徴。ベースの野菜もたっぷり5〜6種類と満足感があるが、野菜増しは+150円。いずれも税抜価格。

鶏野菜スープカレー(1100円・税別)、大きな骨付き鶏モモ肉と、野菜が13種程度入る

イートインはもちろん、テイクアウトでも辛さが選べる。1〜10(3で中辛、5から辛口)は無料、11〜 (50円〜)100レベルまでは有料。妄想南インド風スープカレー(1000円)や、ミートボールと野菜入りのこどもカレー(650円)など、スープカレーは約10種。スパイス使いが得意な店主による、パキスタンカレー(850円)やドライカレー(850円)もあるので、そちらも試してみたい。いずれも税抜価格。

予約の電話は10:30〜、それ以前はショートメールかLINEで受付。10:30〜以降は営業中になるので電話で予約が確実だ。メールの場合は、メニュー、辛さ、数量、ご飯の有無、希望の時間、名前を記載。
予約がなくても対応できるが、少し時間がかかる場合も。テイクアウト全てに容器代が別途(50円)必要なので、ご注意を。詳しくはブログをチェックしよう。

平塚に実店舗を構えるも、水曜は現在も移動販売を続けている

【ケムリカレー】  住所:神奈川県平塚市紅谷町12-11 電話:090-8034-2528 時間:テイクアウト11:30〜21:00(LO20:30) 休み:月曜、ほか不定 席数:16席(現在は席数を減らして9席) ※禁煙 駐車場:なし 交通:JR平塚駅西口より徒歩6分


スペインの家庭料理が自宅で!「SOL NACIENTE(ソルナシエンテ)」


スペイン各地の郷土料理や家庭料理が味わえる 「SOL NACIENTE(ソルナシエンテ)」 。地元の食材も使用して、バルのように気軽に使えるのが魅力だ。種類豊富なパエリアや、アヒージョなどは、テイクアウトでも楽しめる。客層は20代〜60代までと幅広く愛されている。

「SOL NACIENTE」の定番メニューの魚介のパエリア。イカスミのパエリア(各3200円)と共に人気

スペイン料理は、日本の家庭ではあまり馴染みがない。だからこそ、そんな特別感のあるメニューを自宅で食べられるなんて、テンションが上がること間違いなし! 看板メニューのパエリアの中でも注文率9割を超えるのが、 魚介のパエリア(Mサイズ3200円、Lサイズ4500円) 。ムール貝やエビなどの魚介のダシをたっぷり染み込んだ米は、食べた瞬間に旨味が口に広がるほど。イカスミ、鶏肉と豆など多数あるので、いろいろ食べてみてもいい。それぞれ税抜価格。

スペイン料理店ならではの、バスクチーズケーキ(2200円)。予約が必要だが、当日でも食べられる時もある

パエリアはもちろんだが、デザートにも注目を。スペインのバスク地方が発祥とされる、話題の バスクチーズケーキ も手作りだ。前日までに予約が必要だが、持ち帰りもできる。国産のクリームチーズが味の決め手。ホールは5号サイズで2200円、1カットは450円。そのほか、タパス(オードブル・冷製)などは、前日までの予約制で7品(1300円)、10品(2000円)で盛り合わせも可。それぞれ税抜価格。自宅でパーティ気分が味わえる豪華な仕様だ。イベリコ豚の生ハム、チーズ、オムレツなど単品メニューもあり。

パエリアなどの作り置きはしないので、注文は要予約。炊くのに時間がかかるため、基本は60分以上前の予約がおすすめ。盛り合わせ以外は、当日の連絡でも対応できるので、事前に連絡を! Facebookを参照しよう。

店内では、スペイン産のワインを17種以上取り揃えている

【SOL NACIENTE】  住所:神奈川県平塚市代官町8-15 メゾン平塚B1 電話:0463-23-4960 時間:テイクアウト17:00〜21:30、土曜・日曜11:30〜14:30、17:00〜(LO60分前) 休み:月曜、ほか不定 席数:29席 ※禁煙 駐車場:なし 交通:JR平塚駅南口より徒歩3分



ハッピーなアジア料理店「WAIWAIアジアのヌードルやさん」


アジアンヌードルがメインという珍しい店 「WAIWAIアジアのヌードルやさん」 。実は20年前はキッチンカーだったが、そこから厚木市七沢に1号店「waiwaiアジアのごはんやさん」を開業。その後、2020年2月、平塚にこちらの2号店をオープンした。タイラーメン(680円・税抜)、カオソーイ(880円・税抜)などのアジアンヌードルをメインに、タイやベトナムなどアジア各国の料理が楽しめる。小さな店だが、おひとりさまでもファミリーでも、幅広い層から愛されている。

パッタイ(660円)をテイクアウトした先着5名は、手描きイラスト入りの容器になるという遊び心も!


牛肉のバジル炒め(ガパオ・680円)はテイクアウト限定メニュー

テイクアウトでは、イートインにはないテイクアウト限定メニューを展開。例えば、 牛肉のバジル炒め(680円) は、牛ひき肉と香り高いバジルを甘辛く炒めたご飯の進む一品(ガパオ)。白身をカリカリに焼いた目玉焼きとの相性も抜群だ。実は七沢店で人気のメニューで、平塚でも出して欲しいとお客からの要望が多く、メニュー化したのだそう。

「WAIWAIアジアのヌードルやさん」の、グリーンカレーとエスニック唐揚げのセット、からグリ(700円)

からグリ(700円) は、看板のグリーンカレーとエスニック唐揚げの合わせ技! 「看板メニューをより多くの人に知って欲しい」と、ハーフサイズで同時に楽しめるようにしたという。グリーンカレーはココナッツミルクが味の決め手。パクチーの根など、数種類のハーブに漬け込んだエスニック唐揚げが3つも付く。

テイクアウトはオーダーが入ってから作るため、電話か、注文フォーム(インスタグラムのプロフィールから)の予約が確実。当日の予約は電話のみの受付だ。現在、ランチタイムは唐揚げと生春巻以外のサイドメニューは注文不可。夜は全てのサイドメニューが注文可。

店内に入らず、外のテイクアウト専用コーナーから購入できる

【WAIWAIアジアのヌードルやさん】  住所:神奈川県平塚市代官町4-1 電話:0463-68-3874 時間:テイクアウト11:00〜14:00(LO)、18:00〜21:30(LO21:00) 休み:月曜 席数:16席 ※禁煙 駐車場:なし 交通:JR平塚駅南口より徒歩3分


【横浜ウォーカー編集部】構成・取材・文/濱口真由美

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

カテゴリ:
地域名:

ページ上部へ戻る