京都の伊藤久右衛門から新作かき氷登場!ふわふわの氷の宇治抹茶など

2020年7月2日 08:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都・宇治の老舗茶屋、伊藤久右衛門では、今年も新作を加えた4種のかき氷メニュー「宇治抹茶×かき氷」が6月29日から登場している。

京都の老舗茶屋「伊藤久右衛門」で楽しめる2020年の新作かき氷


新作メニューとなる「宇治抹茶パフェ氷」(1490円)は、抹茶とミルクを合わせた味付き氷をベースに、抹茶パフェをイメージしたかき氷。白玉やあんこ、アイス、抹茶ゼリーなどの具材が入ることで、多彩な素材の味と食感を感じられる。

また、昨年登場した「宇治抹茶だいふく氷」(1290円)もリニューアル。クリームをカスタードベースにし、氷のなかに抹茶だいふくを忍ばせている。

ほかにも定番の「宇治金時」は、店舗により氷の種類が変わるこだわりの逸品。

宇治本店では、昔懐かしいカリカリとした氷の「昔懐かしい宇治金時」(白玉850円、宇治金時白玉バニラアイス970円、宇治金時白玉お濃い抹茶アイス1090円)を用意。

JR宇治駅前店と祇園四条店では、「ふわふわの氷の宇治金時」(バニラアイス970円、濃い抹茶アイス1090円)を提供している。

宇治の老舗茶屋だからこそできる4種の「宇治抹茶×かき氷」。暑い夏の日に、思い存分楽しみたい!

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

ページ上部へ戻る