傳谷英里香 ドラマのために髪を30cm切って挑戦する役への熱意を明かす

2021年11月2日 00:28更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア
警察学校に通う役柄のために、髪を30cmも切ってショートカットに!

警察学校を舞台に、中島健⼈(Sexy Zone)と平野紫耀(King & Prince)のふたりが主演を務めるドラマ「未満警察 ミッドナイトランナー」(⽇本テレビ系)に出演中の傳⾕英⾥⾹。警察学校の学生・鷹木真琴役を演じる傳⾕に、ドラマの⾒どころを聞いた。

【画像】ドラマ『未満警察 ミッドナイトランナー』出演中の傳谷英里香

役柄のために、13年ぶりに髪を30cm切ってショートカットに!


――まずは、出演が決まったときの気持ちを教えてください。

【傳⾕英⾥⾹】純粋に嬉しい!という気持ちでした。そして、警察学校が舞台ということで、⾝が引き締まる思いでした。

――役柄のために髪を30cmも切ったとのことですが、ショートカットは13年ぶりなんですね。

【傳⾕英⾥⾹】そうなんですよ!バッサリ切っちゃいました。警察学校は、髪が襟についてはいけなくて。なので、役作りのために切ったのですが、やっぱりショートヘアは楽ですね。
何と⾔ってもドライヤーの時間が短い!シャンプーも1プッシュで済みますし、とにかく楽です(笑)。

――ショートヘアだと印象がまた変わりますね。

【傳⾕英⾥⾹】今⽇はメイクさんがすごくかわいくしてくださったんですけど、まだ⾃分ではあまりうまくアレンジが出来なくて。ちょっとウェットな濡れ髪系にするか、ストレートかどっちかなんです。もうちょっとショートヘアでも楽しめるようになりたいなと思っています。

演じる真琴は、世間一般で“あざとい女の子”と言われるようなタイプではあります


演じる鷹木真琴は、ある問題を抱えているという設定なんです!


――そんなショートヘアで挑むのが、鷹⽊真琴(たかぎまこと)という警察学校の⽣徒。主演おふたりのクラスメイトですが、どんな役どころでしょうか?

【傳⾕英⾥⾹】真琴は、世間⼀般で“あざとい⼥の⼦”と⾔われるようなタイプではあるのですが、そのなかでも警察官を⽬指しているという意志の強い子でもあります。実は、ある問題を抱えているという設定もあるので、ギャップがある⼥性かなと思います。今後、それが次々と明かされていくので、楽しみにしていてもらえたらと思います。

――警察学校ということで、⾃分の学⽣時代を思い出したりしましたか?

【傳⾕英⾥⾹】⾷堂のシーンなどは、みんなでわいわい話しているので、その雰囲気に懐かしいなと感じることもあります。

――教室でのシーンはいかがですか?

【傳⾕英⾥⾹】みんなが集まってはいますが、⾷堂のシーンとはまた違っていて、⽚野坂教官(伊勢⾕友介)がいるからか、気を引き締めて緊張してるように感じます。
私の席、教室の⼀番後ろなので、みんなのことが⾒えるんですよね。みんなのことが見えるので、全体の雰囲気も感じ取りやすいので、良い席だなと思っています。

食堂のシーンなどは、みんなでわちゃわちゃ話しているので、その雰囲気に懐かしいなと感じることもあります


いまはオーガニックのものにハマっています!


――警察学校だからこそといった訓練のシーンも体⼒勝負という感じで⼤変そうです。

【傳⾕英⾥⾹】もちろん、大変な部分もありますが、そこまで疲労しないという意味では体力があってよかったなと。

――傳⾕さん、トライアスロンにも挑戦中なんでしたよね。


【傳⾕英⾥⾹】そうなんです。普段のトレーニングも何かと⼤変なので(笑)。
でも、1話にあった腕⽴て伏せは難しかったです。あんなに深くちゃんと腕⽴てすることって、今はないので、実際に訓練になりましたね。

私の席、教室の一番後ろなので、みんなのことが見えるんですよ


――訓練シーンでの傳⾕さんにも注⽬といったところですが、ドラマの撮影が終わったあとなど、プライベートで今ハマっていることはありますか?

【傳⾕英⾥⾹】いろいろあるのですが、オーガニックのものにハマっています。コスメ、スキンケアから⽣活⽤品まで周りのものを少しずつ変えています。生活の中で自分を整えるだけじゃなくて環境に配慮できたらいいなと思って。オーガニックのものが気になりますね。

――ファッションに関しては、いかがですか?

【傳⾕英⾥⾹】最近では、シアーシャツを購入しました。流行りのアイテムですが、なにより、ちょっと⽻織ったりできるし、アクセントにもなるのでハマっています。

最近では、シアーシャツを購入しました


――夏に向けてのおしゃれも楽しみですね。それでは、最後にドラマを⾒てくださる⽅に向けてメッセージをお願いします。

【傳⾕英⾥⾹】気が沈むこともあると思いますが、このドラマが楽しみ!という、その気持ちが日々の活⼒になればいいなと思います。中島健⼈さん、平野紫耀さんという主演おふたりの緊張感のあるシリアスなシーンと、⾷堂など学⽣みんなといるときのシーンとのコントラストが面白いと思います。そして、教官や学生、いろんな登場人物を巻き込んで、主演おふたりはもちろん、それぞれが成長していく過程も楽しんで頂けると嬉しいです。

撮影・取材・文=野木原晃一

この記事の画像一覧(全6枚)

キーワード

ページ上部へ戻る