新型コロナウイルスの終息を祈願!「アパリゾート上越妙高」で打ち上げ花火&無料ライトアップを開催中

2020年7月10日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

新型コロナウイルスの感染拡大により大きな影響を受けた、新潟県上越・妙高エリアの観光産業を応援するため、11月15日(日)まで「アパリゾート上越妙高」(新潟県妙高市)の敷地内にて入場料無料のライトアップイベントを開催する。加えて同施設では、期間中の週末および、お盆・夏休み期間限定で、新型コロナウイルス終息への願いを込めた「悪疫退散祈願」の花火の打ち上げも行う。「東京ドーム」約120個分という広大な敷地内で、ソーシャルディスタンスを確保しながら鑑賞できるほか、客室や車の中からでも美しい花火を堪能することができる。

新型コロナウイルスの終息を願い、「アパリゾート上越妙高」で花火の打ち上げを行う

今年開業15周年を迎えた「アパリゾート上越妙高」は、日本百名山にも選ばれた雄大な妙高山を眼前に望む、自然に囲まれたグリーンシーズンリゾート。約500平方メートルもの敷地を有し、天然温泉露天風呂を備えるホテルを中心に、ゴルフやテニスなどのスポーツアクティビティ、さらには夜のライトアップや昼の高原といった景色を楽しむことができる人気のスポットだ。

【写真】イルミネーションが今だけ入場無料!東京ドーム約120個分の敷地を美しくライトアップ

現在同施設では、約20万個のLED電球による圧巻のイルミネーションや、屋内外に用意されたプロジェクションマッピング、「光の噴水ショー」といった無料のライトアップを実施中。エリア内では、地元の小中学生が医療従事者への感謝と激励のメッセージを添えて制作した、ペットボトル2500本が一斉に青く輝く特別展示「BLUE LIGHT UP」も同時開催されている。「光の噴水ショー」では、同展示と連動した演出も用意されているのでお見逃しなく。

チャペルマッピング

そして、7月19日(日)、8月8日(土)・9日(日)・13日(木)・14日(金)・15日(土)、9月19日(土)・20日(日)・21日(月)、10月24日(土)・31日(土)、11月14日(土)には、「悪疫退散祈願」の花火の打ち上げが予定されている。十分な敷地面積を誇る同施設では、ソーシャルディスタンスをしっかりと確保した上での鑑賞が可能。より間近で大迫力の花火を堪能したいという人は、ホテルに宿泊して客室からじっくり眺めるのもおすすめだ。

期間中の週末および、お盆・夏休み期間限定で「悪疫退散祈願」の花火を打ち上げる

今年は新型コロナウイルスの影響で数多くの花火大会が中止となる中、「アパリゾート上越妙高」が企画する本イベントは、リアルの場で花火を楽しめる貴重な機会となる。3密の回避や感染防止対策を徹底しながら、無料ライトアップ、そして花火の打ち上げを存分に満喫しよう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※常に他の人との間隔を空けての鑑賞となります。また、来場者の状況によっては入場制限を設ける場合があります。インドア・プロジェクションマッピングについては、場内に消毒用グッズを配置しながら、常に換気された状態で開催します。

【花火特集2020】
全国約1000大会の花火大会情報をお届け!開催当日には、開催可否もお知らせします。
https://hanabi.walkerplus.com/

この記事の画像一覧(全7枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る