オンラインとオフラインを融合させた新たな花火大会「三陸花火大会」!車に乗ったまま鑑賞や食事ができるエリアも

2020年7月22日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

三陸地域の団体・個人が中心となって発足した「三陸花火競技大会実行委員会」が、10月31日(土)に「三陸花火大会」の開催を決定。三陸の観光振興・交流人口拡大を目的にした同大会は、2021年からの毎年開催を目指しており、今年はそのプレイベントとして行われる。日本屈指の花火師による約1万発の打ち上げが予定され、同時に「マルチアングルLIVE配信」を予定。新しい生活様式の時代に対応した、OMO型(オンラインとオフラインを融合させた形)の花火大会となる。

オンラインとオフラインを組み合わせた、「三陸花火大会」が開催決定!

2019年にはラグビーワールドカップの開催地に、2021年にはNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台に選ばれ、近年注目を集めている三陸地域。自然や歴史、文化、食などの地域の魅力に出会い、三陸のファンになってもらうための新たなきっかけとして開催されるのが「三陸花火競技大会」だ。また、新型コロナウイルスが猛威を振るっている昨今の社会情勢をかんがみ、「悪疫退散」「無病息災」「五穀豊穣」といった世界平和への願いも込めて花火の打ち上げを行うという。

メイン会場には、今年6月にオープンした「楽天イーグルス 奇跡の一本松球場」(岩手県陸前高田市)を使用。アーティストの音楽ライブや伝統芸能のパフォーマンスといったステージ企画のほか、飲食ブースや自治体PRブースなど、来場者が楽しめるような花火以外のコンテンツも充実させる。感染防止策としては、ソーシャルディスタンスを確保できる有料観覧席や、車に乗ったまま花火や食事を楽しめるエリアを設置。そして、ライブ配信を活用することで、「自宅や外出先でも感動したり笑顔になれる、新しい生活様式の時代に対応したイベントを目指す」と同実行委員会は話している。

【写真】競技大会で数々の優勝経験を持つ、日本屈指の花火師による圧巻の花火を、マルチアングルで堪能!

花火大会で「マルチアングルLIVE配信」を行うのは、同実行委員会によると今回が“世界初”とのこと。複数のカメラでさまざまな方向から撮影を行い、視聴者は自由にカメラの切り替えが可能。多角的な視点から鑑賞することで、自宅や遠方にいながらも、リアルかつ臨場感あふれる花火大会を体験できるはずだ。

打ち上げに使用する花火は、今後クラウドファンディングなどで寄付を募り、全国の花火業者からの購入を予定。有料観覧席や出演者、ライブ配信など各種コンテンツの詳細に関しては、8月初旬に公開予定のオフィシャルHPで順次発表される。オンラインとオフラインを組み合わせた、ウィズコロナ時代の新しい花火大会の開催に期待は高まる。地方から全国へ向けて発信する前向きな取り組みを、クラウドファンディングや花火大会への参加を通して応援してみよう!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

【花火特集2020】
全国約1000大会の花火大会情報をお届け!今年開催予定の大会はコチラ
https://hanabi.walkerplus.com/list/scheduled/

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る