動物園の人気者たちがガラス作品で大集合!兵庫県神戸市で企画展「硝子の動物園」が開催中

2020年8月25日 17:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

兵庫県神戸市にあるKOBEとんぼ玉ミュージアムで10月6日(火)まで、企画展「硝子の動物園」が開催される。

繊細な技術で生み出されたガラス作品写真は主催者提供


動物園で人気の生き物たちが、ランプワーク技法により制作されたガラス作品で楽しめる展示会。ランプワークとは、別名バーナーワークとも呼ばれ、バーナーの炎によってガラスを熔融して成形する技法の一種で、とんぼ玉やガラスの人形、グラスなどの器やアクセサリー全般まで、さまざまな物が制作できる。同展では、子供から大人まで幅広い年代で楽しめる動物をテーマにした多くのガラス作品が鑑賞できる。

【写真】ガラスの特徴を活かした美しい作品が多数展示写真は主催者提供


担当者は「パンダ、ゴリラ、トラ、サル、カピバラ、アリクイ、カバ、ハシビロコウなど、さまざまなガラスの動物たちが展示されています。それぞれの作家により引き出された動物のもつ特徴や個性が光る、面白くてかわいい動物たちのガラス展です。素敵な色合いにくぎづけになること間違いなし!ぜひ、お越しください」と来館を呼びかける。

色とりどりのかわいいガラスの動物園で涼を感じながら、暑い夏のひとときを楽しもう。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る