晴れの日は自然の中でランチ&カフェタイム!東京スカイツリーエリアのテイクアウトグルメ

2020年8月8日 09:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京都墨田区の東京スカイツリータウンおよび、今年6月に浅草エリアとの中間地点に誕生した新スポット・東京ミズマチでは、各店舗にてテイクアウトメニューが販売中。ひんやりおいしいスイーツからボリューム満点のランチまで、幅広いメニューを周辺の緑あふれるテラス、公園で味わうことができる。

ココノハ「ココノハのカラフルかき氷」(1個702円)


東京スカイツリータウンのメインスポットである東京ソラマチには、色とりどりのかき氷やソフトクリームといった、夏にもってこいのスイーツに加え、「濃厚マンゴーラッシー」のような贅沢なドリンクも登場。おいしいだけでなくカラフルな見た目で、写真映えも間違いなしだ。

とちまるショップ「日光ろばたづけ本舗 醤油豆乳ソフトクリーム」(410円)

アマラ デリ「濃厚マンゴーラッシー」(620円)


さらに、フードメニューもたくさん。地焼きによって外はカリッと、中はフワッと仕上げた名古屋名物のひつまぶしはスタミナ満点。また、自家製手ごねハンバーグにオムライス、海老フライが入ったボリュームたっぷりの「グリルカーディナルプレート」も必食だ。

ひつまぶし名古屋 備長 びんちょう「ひつまぶし」(3780円)

洋食屋 銀座グリルカーディナル「グリルカーディナルプレート」(1620円)


ニューオープンの東京ミズマチのメニューも見逃せない。柔らかく煮込んだ豚肩ロースと⾃家製BBQソース、マヨネーズの相性が抜群の「バーベキュー プルド ポーク」は、この店の人気ナンバーワンメニュー。また、表参道の人気店「パンとエスプレッソと」が手がけるベーカリーカフェ「むうや」が販売する「みそムー」も要チェック。赤味噌と八丁味噌をブレンドしたパンは、そのままでもおいしいうえ、バターやスプレッドを塗って楽しむこともできる。

DEUS EX MACHINA ASAKUSA「バーベキュー プルド ポーク」(1300円)

むうや「みそムー」(400円)


テイクアウトした商品は、周辺の自然豊かな屋外スペースで、東京スカイツリーを眺めながら味わいたいところ。東京スカイツリータウンでは、芝生のある「ドームガーデン」(イーストヤード8階)や、日よけがありゆったりできる「南面テラス」(ウエストヤード2階・イーストヤード2階)がおすすめ。さらに、東京ミズマチは隅田公園に隣接しているので、広々とした空間でゆったりとテイクアウトしたグルメを楽しむことができる。

ドームガーデン(東京スカイツリータウン/イーストヤード8階)。子供も遊べる芝生が魅力的(C)TOKYO-SKYTREETOWN

南面テラス(東京スカイツリータウン/ウエストヤード2階)。日よけもばっちり(C)TOKYO-SKYTREETOWN

南面テラス(東京スカイツリータウン/イーストヤード2階)。スペースが広く、ベビーカーなども置けそう(C)TOKYO-SKYTREETOWN

東京ミズマチ(R)のウエストゾーンには隅田公園が隣接


東京スカイツリーから浅草にかけてのエリアは、1日で歩いて楽しめるコンパクトさも魅力。テイクアウトグルメとともに周辺を散策して、夏のおでかけを楽しもう!

※価格は全て8%での税込表記です。ただし、東京ソラマチ店舗でご購入後、東京スカイツリータウン内で飲食される場合は10%となります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全11枚)

キーワード

ページ上部へ戻る