京都の発酵カフェに甘酒のかき氷登場!夏バテをおいしく防止

2020年8月12日 10:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

西京漬けの老舗「京都一の傳」が展開する発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi」では、自家製の米麹甘酒をふんだんに使用したかき氷を発売中。栄養豊富な甘酒を贅沢に使用した、盛夏におすすめのスイーツとなっている。

日本の夏の風物詩「甘酒」を使用したかき氷


日本の夏を支える!"飲む点滴"甘酒をかき氷で堪能


「発酵に出会う、発酵を楽しむ」がテーマの発酵カフェ「漬×麹 Haccomachi」では、体に優しいメニューが豊富。この夏新たに登場したかき氷には、京都・東山の老舗種麹店「菱六」の米麹で作られた自家製の甘酒をたっぷりと使用する。

ブドウ糖を多く含み、ビタミンB群やオリゴ糖、食物繊維、アミノ酸など栄養が豊富なことから"飲む点滴"と呼ばれる「甘酒」。俳句においては夏を表す季語の一つで、江戸時代より疲労回復を助ける飲み物として親しまれてきたのだそう。

伝統的な麹作りをモチーフにした、カフェのロゴ


トッピングはぶぶあられ!味変も楽しい


自家製の甘酒を凍らせた「フローズン甘酒」をグラスに敷き詰め、マンゴー・パイナップル・スイカ・キウイのフルーツ4種をトッピング。京都らしさ満点のぶぶあられや、はや作り甘酒(米麹だけで作る風味の濃厚な甘酒)を追いがけすれば、味わいの変化も楽しめる。

自家製米麹甘酒のかき氷はイートイン720円(税込)、テイクアウト670円(税込)。優しい風味の甘酒かき氷でおいしく栄養補給をして、夏の暑さを乗り切ろう。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る