ホテル雅叙園東京に秋の恵みたっぷりのアフタヌーンティー&カクテルが期間限定登場

2020年8月30日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

90年以上の伝統を受け継ぐ、2500点もの日本画や美術工芸品が彩るミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京では、巨峰に柿、和栗やさつまいもなど秋の味覚をあしらった「秋の果実アフタヌーンティー」と「秋のシーズナルカクテル」を9月と11月の期間限定で販売。ホテル1階にあるNew American Grill “KANADE TERRACE”で提供する。

秋の食材をふんだんに使った大人のスイーツやカクテルを提供する

【写真】実りの秋を堪能…目にも美しい13種のアフタヌーンティーセット

ホテル雅叙園東京が贈る今秋のアフタヌーンティーは、巨峰とシャンパンのジュレや早生柿のタタン、くるみと和栗のモンブランやさつま芋のクリームスープなど、秋の食材をふんだんに使用した13種のスイーツと塩系のセイボリーで構成。「秋の果実アフタヌーンティー」(3800円、サービス料別)は、お酒とともに楽しみたい人のためにシャンパーニュ付き(5300円、サービス料別)も用意する。

日本酒のサングリアは同ホテルが持つ和の雰囲気からイメージ

栗を使用したマロン・クレオパトラは秋から冬へと移り変わる季節に味わいたい1品

また、カクテルは9月と11月に各1種を提供。9月のカクテルは、辛口の日本酒と秋のフルーツの甘みが絶妙なバランスの和カクテル「日本酒のサングリア」(1500円、サービス料別)。日本酒に含まれる美容成分と、秋のフルーツのビタミンにより、飲むことできれいになれる1品で、お酒が苦手な人でも飲みやすい味わいとなっている。11月のカクテルは、秋を代表する食材である栗を使用した「マロン・クレオパトラ」(1500円、サービス料別)。マロンやコーヒーのリキュールにシナモンをプラスしたクリーミーなカクテルは、ティータイムや食後酒としても楽しめる大人の味わいだ。

アフタヌーンティーもカクテルも、味わえるのは9月1日(火)~30日(水)と11月1日(日)~20日(金)の期間限定。多彩な秋の実りを堪能できるこの機会をお見逃しなく。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となる場合があり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

ページ上部へ戻る