特撮マニア必見!東京ドームシティで「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」開催

2020年9月8日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

東京都文京区の東京ドームシティ Gallery AaMoで、「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」が10月18日(日)まで開催。

「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」メインビジュアル[c]円谷プロ [c]特撮のDNA製作委員会


合成やミニチュアを使った特殊撮影(特撮)の技術を日本で初めて取り入れたのが、特撮の神様・円谷英二だ。以来、創意工夫と試行錯誤を繰り返し、積み重ねられてきた技術と情熱は、世代を超え、今日に至るまで脈々と受け継がれている。特撮は技術であり、財産であり、怪獣でもあり、ヒーローでもある。

【写真】「ウルトラマン」の撮影には3種類のマスクが使われている。写真はAタイプ[c]円谷プロ [c]特撮のDNA製作委員会


本展では、円谷英二が生み出した国民的特撮ヒーロー「ウルトラマン」のマスクの変遷や、撮影当時に使用していたスーツなどを展示。円谷プロ全面協力による貴重な“本物”の展示を通じて、特撮の世界の新たな発見と出会える。本展では通常の入場チケットに加え、ここでしか手に入らない限定デザインのステンレスミニボトルと入場チケットがセットになった「グッズ付き入場チケット」も用意されている。

子供の頃に夢中になったウルトラマンの知られざる世界に触れることができる「特撮のDNA―ウルトラマン Genealogy」に出かけて、特撮のさらなる魅力に触れよう。

※入場チケットは全て日にち指定での販売となります。
※会場での入場チケット販売は実施いたしません。
※「特撮のDNA」ポータルサイト、セブン‐イレブン店頭もしくはセブンチケットWebサイトで入場チケットが購入できます。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る