スヌーピーミュージアムで新アプリを体験レポート!ワークショップ&カフェも紹介【PR】

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

南町田グランベリーパーク駅から徒歩4分の場所にある、世界で唯一のシュルツ美術館公式サテライト(分館)、「スヌーピーミュージアム」。今回はモデルの榊本麻衣さんが実際にミュージアムを訪れ、スヌーピーミュージアムで人気のワークショップや新アプリを体験!館内の様子や新発売のグッズ、PEANUTS Cafeを紹介していく。

スヌーピーが目印のミュージアム外観


スヌーピーミュージアム初の公式アプリを起動してグランベリーパークを探検!

8月24日、スヌーピーミュージアムがより楽しくなること間違いなしのアプリ「スヌーピーを探せ!by Snoopy Museum Tokyo」がリリースされた。

アプリ内ではQRコードの場所を表す地図のほか、撮った写真の投稿、閲覧もできる


このアプリは、スヌーピーミュージアムはもちろん、グランベリーパークや隣接する鶴間公園の各所にあるQRコードやGPSポイントを見つけると、その場所限定で登場するスヌーピーやピーナッツ・ギャングたちと写真を撮ることができるというもの。榊本さんもさっそくスヌーピーを探しに行くことに。QRコードの場所はアプリ内の地図から確認することができる。

スタチューの下をよく見るとQRコードが!


「見つけた!」と榊本さんが駆け寄ったのは、グランベリーパーク入り口付近にあるスヌーピーのスタチュー。アプリを起動して土台部分にあるQRコードを読み込むと、カメラの中にスヌーピーの姿が!指で画面を操作してスヌーピーを動かしたり、大きさを変えたりすることもできる。

アプリ内のカメラでQRコードを読み取ろう

カメラの中にスヌーピーの姿が!現れるキャラクターやデザインは場所によって異なる

スヌーピーと一緒に写真を撮ろう!

ポーズを決める榊本さん


スヌーピーと写真を撮った榊本さんは、次のスヌーピーを探しに行くことに。QRコードはスヌーピーミュージアムに隣接している鶴間公園の中にも。「スクエアと横長の2パターンの写真が撮れるみたいです。スポットを探すのも楽しいですね」と榊本さん。

公園内の木の下にQRコードが書かれたボードを発見

公園内のボードにもQRコードがあるので探してみて

QRコードはスヌーピーミュージアム、グランベリーパーク、鶴間公園の至る所に


QRコードの設置場所はなんと全10カ所!スヌーピーミュージアムの中に1カ所、鶴間公園の中に3カ所、グランベリーパークには6カ所、スヌーピーと仲間たちが隠れているので、ぜひ探してみて。現れるキャラクターやデザインは場所によって異なるので、全部のスポットを探したくなる!

ワークショップや原画の展示など、ミュージアムには見どころが盛りだくさん

アプリを楽しんだあと、スヌーピーミュージアムに足を運んだ榊本さん。館内ではマスクの着用が必須で、ミュージアム入り口では、新型コロナウイルスの感染拡大対策として、検温を実施している。

非接触型の体温計で検温を実施。(体温が37.5度以上の場合は入館不可)


また、ミュージアムのスタッフはマスクやフェイスシールドを着用。さらに館内各所に手指用の消毒液を設置し、チケット販売の待機列の足元にはソーシャルディスタンスを確保するための赤いシールも貼られているほか、エレベーターの定員数の制限なども。来館者が安心してミュージアムを楽しめるよう、新型コロナウイルス対策にしっかりと取り組んでいる。

ワークショップスペースに並べられたバッグを見て「かわいい~。作るのが楽しみです」と榊本さん


ワークショップスペースでオリジナルグッズが作れる!

まず初めに、スヌーピーミュージアムで人気のワークショップを体験することに。今回体験したのはオリジナルのバッグを作ることができる「PEANUTSのROOTOTE」。キャンバス素材のデリトートにミュージアム限定デザインのオーナメントを付けてバッグを作っていく。

オーナメントはスヌーピーや仲間たちがデザインされた大きなサイズのものが8種類、さまざまな表情をしたスヌーピーがプリントされた丸型の小さなサイズのものが6種類に、10個のアルファベットがある。選べるのは大、小、アルファベットからそれぞれ1種類ずつの計3個のオーナメントだ。

選んだオーナメントをカットしていく

オリジナルのレイアウトで、自分だけのバッグを作ろう!


「どれもかわいいから迷います…」とオーナメント選びに苦戦する榊本さん。ようやくセレクトしたチャーリー・ブラウンの大きなステッカーをハサミで切っていく。3つのオーナメントを切り終わったら、次はレイアウト。好きな場所にオーナメントを貼ったあとは、ワークショップスタッフが専用のアイロンでプレスしてくれる。

オリジナルバッグが完成!


「かわいくできました!」と、出来上がったバッグと終了証とともに写真をパシャリ。「ちょっと出かけるときに便利な、ちょうど良い大きさですね」とご満悦の榊本さん。

ワークショップは現在定員を6人にして、人が密集しないよう配慮したうえで開催されている。今回体験した「PEANUTSのROOTOTE」以外にも、スヌーピーのぬいぐるみやキャンドルを作ることができるものなど、さまざまなワークショップが開催されている。人気のワークショップは早々に予約の受付が終了してしまうこともあるので、ミュージアムに訪れる前にチェックして。

スヌーピーがいっぱいのミュージアム内が楽しすぎる!

ワークショップを体験した榊本さんは館内を巡ることに。エレベーターで2階に上がり、オープニングシアターへ。部屋の壁一面がマルチスクリーンとなってアニメーションが投影され、スヌーピーと仲間たちがお出迎えしてくれる。

壁一面に映るスヌーピーたちと、それに合わせて変わる照明が楽しい

ギャラリーにはスヌーピーたちのエピソードや原画など、ファン必見のものばかり


ミュージアムを進んでいくと、PEANUTSの作者であるチャールズ・M・シュルツ氏の創作の歴史を振り返る「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」や、スヌーピーとスヌーピー・ギャングの複製原画やスライドショーが見られる「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」など、PEANUTSファンにはたまらないものばかり。ミュージアム内には全長約8メートルの大きなスヌーピーや、スヌーピーと一緒にかわいい写真が撮れるフォトスポットも!

榊本さんが手にしているのは「チョコクランチ缶」(税抜1000円)


ギャラリーや展示を楽しんだあとは、1階にあるミュージアムショップ「ブラウンズ ストア」へ。店内にはステーショナリーや雑貨など、ここでしか手に入らないオリジナルグッズがずらりと並ぶ。

全4種類のデザインがある「多治見焼マグカップ」(税抜1800円)。同シリーズは「多治見焼ボウル」(税抜2000円」、「多治見焼プレート」(税抜2200円)もあり、シリーズでそろえたくなるかわいさ

オープン記念のパーカーを着ているぬいぐるみ。「スヌーピー」(税抜5000円)、「ウッドストック」(税抜4000円)


店内の至る所にスヌーピーと仲間たちがいる「PEANUTS Cafe」

スヌーピーミュージアムを訪れた際に、ぜひ立ち寄ってほしいのが隣接する「PEANUTS Cafe」。

2種類から選べるメインのスキレット料理と、バスケットのセット


カフェで榊本さんが注文したのは、見た目もかわいい「ピクニックバスケットプレート」(税抜1500円)。サラダ、コーンドック、ポテトフライが入ったバスケットに、スキレットに入ったメイン料理が付いたセットだ。メインはローストチキンとミートボールの2種類から選ぶことができて、今回はローストチキンをオーダー。

香ばしい香りとともに運ばれてきたジューシーなチキン。口に運んだ途端、「おいしい~!」と榊本さん


また、カフェではテイクアウトメニューも取りそろえている。イチ押しはこちらの「ピーナッツ・ギャング ピクニックボックス」(税抜2200円)。

テイクアウトのセットにはドリンクとオリジナルレジャーシートが付いてくる。写真のドリンクは「ルーシーのホームメイドレモネード」


ピクニックボックスにはワッフル、グリーンサラダ、コーンドック、フライドチキン、ポテトフライが詰められている。ドリンクとオリジナルのレジャーシート、スヌーピーのデザインの「エコヌカバッグ」(エコバッグ)も付いてくるうれしいセット。すぐ近くの鶴間公園にはベンチもあるので、テイクアウトして公園でピクニックを楽しむのもおすすめ。

※商品を入れているスヌーピーデザインの「エコヌカバッグ」は、現在別添えで渡している


見どころや楽しみ方が盛りだくさんのスヌーピーミュージアム。ぜひ足を運んでみて!【ウォーカープラス/PR】

撮影=阿部昌也

(C) Peanuts Worldwide LLC

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全28枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る