2023年の紅葉見頃時期予想【全国編】11月の紅葉シーズンはいつからいつまで?

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

(2023年11月1日更新)

株式会社ウェザーニューズから、2023年の「第三回紅葉見頃予想」が発表された。今年の紅葉は、東北と北陸では色付きが遅れ、これから見頃を迎える多くの名所で平年並から平年より8日以上遅い見頃となる予想。関東以西では太平洋側を中心に晴れる日が多く、これから色付く多くの名所で平年並の見頃となる見込みだ。

全国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ

※予想は2023年11月1日発表のもの。実際の紅葉状況と異なる場合があります。

東北・北陸の一部で平年より見頃の遅れるところも。関東以西の見頃は平年並の予想に

紅葉は、秋の気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなる関係にある。今秋は、11月初旬にかけて季節外れの暖かい空気が流れ込み、葉の色付きが足踏みする所がある予想。そのため、11月中旬までに見頃を迎える東北や北陸では見頃の時期が平年より遅れるところもあると見られている。

一方、11月2週以降は寒気が流れ込みやすくなり、また関東より西の地域は太平洋側を中心に晴れる日が多い予想で放射冷却による気温低下が見込めることから、これから色付く多くの名所で平年並の見頃を迎える見込みとなっている。

【北海道】紅葉シーズンは終盤、見頃は11月上旬まで

北海道の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


紅葉のはじまりがやや遅れた北海道では、多くの名所で平年よりも一週間ほど遅い見頃となった。道央・道南でも既に見頃を迎え、紅葉シーズンは終盤に差し掛かっている。今後も平均気温の高い傾向が続くため、これから見頃となる名所でも平年並か平年よりやや遅い(4~7日遅い)見頃を迎える予想だ。


【東北】高温で色付きに遅れ、見頃は平年並から平年より遅い予想

東北の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


東北では平年並から平年より遅い見頃を迎えた名所が多く、これから見頃となる名所でも平年並から平年より8日以上遅い見頃を迎える予想。鳴子峡(宮城県)や十和田湖畔・休屋付近(青森県)などは平年並の10月下旬に見頃となっているが、今後も平均気温は平年より高い傾向が続き、特に今週末(11月4~5日)にかけては季節外れの暖かい空気が流れ込み、色付きが足踏みすると懸念されている。これから見頃となる名所では平年並から平年より遅い見頃となる見込みだ。


【関東・甲信】朝晩の気温低下で色付き、見頃は平年並

関東の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


平年並から平年より遅く、標高の高いエリアの名所では平年より5~10日ほど遅い見頃を迎えた名所が多くなっている関東・甲信地方。これから見頃となる名所は、平年並の見頃を迎える所が多い予想で、関東南部でも11月中旬頃から名所で続々見頃となりそうだ。


【北陸】見頃は平年並か平年よりやや遅い予想

北陸の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


標高の高い地域では平年より早いところも現れた北陸地方。10月までは平年並の見頃を迎えた名所が多くなっている。一方、11月初旬には季節外れの暖かい空気が流れ込む予想や、今後の平均気温が平年より高い傾向にあることから、11月以降見頃となる名所では平年並か平年よりやや遅い(4~7日遅い)見頃を迎える予想だ。


【東海・中部】見頃エリアが拡大中、平年並の見頃に

東海の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


東海・中部では標高の高いエリアから色付きが進み、御在所岳・山上公園(三重県)や白川郷・合掌造り集落周辺(岐阜県)では平年並の見頃を迎えた。今後の天気は晴れる日が多い予想で放射冷却による気温低下が見込めることから、11月以降も多くの名所で平年並の見頃を迎える予想だ。


【近畿】朝晩の気温低下で色付き進み見頃は平年並、鮮やかな紅葉に期待

近畿の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


近畿の紅葉は平年並の見頃となる名所が多い予想。11月以降は平均気温は平年より高い傾向にあるものの、晴れた日の朝は放射冷却によって色付きに必要な気温低下が見込め、多くの名所で平年並の時期に鮮やかな紅葉が期待できそうだ。


【中国・四国】見頃は平年並、鮮やかな紅葉に期待

中国・四国の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


標高の高いエリアから色付きが進む中国・四国地方。剣山(徳島県)や大山(鳥取県)では平年並の見頃を、べふ峡(高知県)では平年より一週間早く見頃を迎えている。11月以降も山陽や四国を中心に晴れる日の放射冷却で色付きが見込まれ、多くの名所で平年並の見頃を迎える予想だ。


【九州】朝晩の気温低下で色付き、見頃は平年並

九州の紅葉(モミジ)見頃予想マップ(情報は2023年11月1日発表 ウェザーニューズ)出典:ウェザーニューズ


九州の紅葉は標高の高いエリアから色付きが進み、下城の大イチョウ(熊本県)では平年並の見頃を、雲仙・仁田峠(長崎県)や霧島・新湯温泉付近(鹿児島県)では平年より5日早く見頃を迎えた。今後も多くの名所で平年並の見頃を迎える予想だ。


上記の予想は今後の気温や天候により変わる場合があるので、おでかけの際は最新情報を確認しよう。なお、株式会社ウェザーニューズのウェブサイト・スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」では、9月7日より全国の名所約900カ所の見頃予想日やスポット情報を公開中だ。紅葉狩りに出かける際はあわせてチェックしたい。

※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。

この記事の画像一覧(全9枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る