“大地”をイメージした料理などサステナブルデリが35種類以上!「Blue Globe Tokyo」がオープン

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

ミシュラン獲得店を傘下に持つONODERA GROUPの手がける「Deli & Cafe Blue Globe Tokyo(ブルーグローブ トウキョウ)」が、東京・表参道にオープンした。“大地”をイメージした料理など、身体にも地球にも優しい“サステナブル デリ”を展開する。

身体にも地球にも優しい“サステナブル デリ”を展開するデリカテッセン「Deli & Cafe Blue Globe Tokyo」


「Deli & Cafe Blue Globe Tokyo」では、野菜の鮮度にこだわり、半径120キロ圏内から仕入れた有機野菜や旬の野菜を使用。料理のテーマは「Vegan・Beauty・Healthy・Athlete・Guiltfree」で、提供するのは、常時35種類以上ものメニュー。世界各国のスパイス、身体に優しい調理法を採用している。

デリ・グラススイーツ・ブーランジェリー・カフェなどのメニューを用意


杉浦シェフ(「ベジタリアンアワード」にて初の「料理人賞」を受賞)におすすめのメニューを尋ねると、「当店のシグネチャーメニューでもある『Seasons ヴィーガンプラントベース』(600円)です。土を掘り上げるようなプレゼンテーションが繰り出される、大地の生命を表現いたしました。味の構成も5層のレイヤーで仕上げており、ヴィーガンでもフレキシタリアンでもご満足いただける至福の一皿に仕上げております」とのこと。

シグネチャーメニュー「Seasons ヴィーガンプラントベース」。大地をイメージした味わいを5層で仕上げた


ベジタリアン・ヴィーガンも楽しめるメニューの魅力については「ベジタリアンは多様性のある社会に適応するハイブリットな料理だと感じています。世界では、すでにベジタリアン・ヴィーガンの食文化が浸透しておりますが、日本でもそのようシーンがあたりまえの環境になることを私自身願っています」と話してくれた。上述のシェフおすすめメニューのほか、季節によって色と食材を変える「『BGT』テリーヌ」(800円)、米粉を使った「ヴィーガンマフィン」(400円)、「SDGs17ゴール」をテーマに杉浦シェフが監修した「グラススイーツ」(700円〜)など、見た目にも美しいメニューが勢揃い。

季節によって色と食材を変える「『BGT』テリーヌ」


脱プラスチックやフードロス削減の取り組みのほか、表参道のゴミ拾いボランティアへの参加、牛乳パックをリサイクルしたトイレットペーパー、古材を活用した内装を採用するなど、環境改善活動にもこだわる「Deli & Cafe Blue Globe Tokyo」。身体にも地球にも優しい、最先端のカフェ&デリを楽しもう。

各線「表参道駅」より徒歩1分。54席を用意する


文=平井あゆみ

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全14枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!2024年全国で開催予定の花火大会

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る