スヌーピーの英国式アフタヌーンティーが登場!帝国ホテルがPEANUTS誕生70周年をお祝い

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

2020年11月に開業130周年を迎える帝国ホテル。帝国ホテル 東京(東京都千代田区)では、その記念企画として、スヌーピーでお馴染みのコミック「PEANUTS(ピーナッツ)」とのコラボレーションを実施。なんとPEANUTSも、今年の10月2日で誕生70周年!130周年×70周年という記念すべき年に最強のタッグが実現したというわけだ。スヌーピーをテーマにした英国式アフタヌーンティーをはじめ、宿泊、レストラン、ホテルショップにてさまざまなコラボを展開する。そのプレス発表会があると聞き、期待の内容を早速チェックしてきた!

レストランやショップ、宿泊プランなど、帝国ホテル全館をあげて、PEANUTS誕生70周年をお祝い!


2001年から続く帝国ホテル×PEANUTSのコラボ

帝国ホテルとPEANUTSのコラボは、実は2001年に帝国ホテル 大阪で発売した宿泊プラン「SNOOPY!SNOOPY!SNOOPY!」が第一弾。このプランでは、シルクハットを被りドアマンのユニフォームを着た帝国ホテル 大阪オリジナルの「ドアマン・スヌーピー」が誕生。その宿泊プランは毎年リニューアルを行いながら現在も継続していて、人気を呼んでいる。

その後、大阪での人気を受け、帝国ホテル 東京で2004年に「料理長スヌーピー」が誕生。今回のコラボレーション企画でも、“料理長 スヌーピー”という名刺を身に着け、大活躍している模様。

【写真】料理長スヌーピーは、コック帽にコックコートがトレードマーク


スヌーピーがテーマの、英国式アフタヌーンティーは帝国ホテル初!

実施される4つのコラボの中で一番の注目は、本館17階の「インペリアルラウンジ アクア」で提供される「SNOOPYアフタヌーンティー1950's」(税込5500円※サービス料別)。

“1950年代の温かみのあるヴィンテージ感”がコンセプト※写真は2名分


なんともユニークでポップなメニューが並ぶ。3段のアフタヌーンティートレイにズラリと飾られ目の前に運ばれてきたら、興奮度マックス到達間違いなし!一つひとつ目をやるごとに、PEANUTSのワンシーンや大好きなキャラクターたちを彷彿とさせる。

「SNOOPYアフタヌーンティー1950's」の8品を試食

今にもスヌーピーがドッグハウスから出てきそう!?

プレス発表会では、アフタヌーンティーで登場するメニューの一部を実際に試食することができた。例えば、トレイ1段目の「フランボワーズゼリーをまとったチーズケーキ」は、スヌーピーがいつもうたた寝をしているあの赤い屋根のドッグハウスがモチーフ。下に敷かれた緑のピスタチオクッキーは、芝生をイメージしている。チーズの風味とフランボワーズゼリーの甘酸っぱさが口の中でとろけ合い、クッキーのサクサク感ととても合う!

中にはリンゴの果肉もしっかり入っている

ナイフを入れると、甘いリンゴの香りがふんわり漂う

お次は、スクエア型がかわいい「りんごのケーキ」。黄と茶色のチョコでコーティングされているのだが、この見覚えのある波模様は…?そう、チャーリー・ブラウンのあのシャツ模様だ~!甘さ控えめで、ゴロゴロと入ったリンゴの果肉の食感も楽しい。

シュー生地にカダイフという細い生地をまとわせて、鳥の巣のように焼き上げている

スヌーピーの相棒、ウッドストックをイメージしたお菓子もある。鳥の巣に見立てたシュークリームの中にはプラリネクリームが入っていて、ピーナッツでできた卵が2つも!あまりのかわいさに食べるのがもったいないほど。濃厚なクリームとサクサクパリパリのシューが、絶妙なバランスで口内を幸せいっぱいにしてくれる。

3段目には、PEANUTSの作者チャールズ・M・シュルツ氏がコミックの製作をしていた「カリフォルニア」にオマージュを込めた料理が並ぶ

そのほか、スヌーピーの大好物の「チョコレートチップクッキー」や、スヌーピーの耳にも見える「カルフォルニアロール風サンドイッチ」、スヌーピーが率いる探検隊“ビーグル・スカウト”のバーベキューをモチーフにした「ピーナッツ風味のローストチキン」などなど、たくさんの種類をちょうどいいポーションで味わえるのがいい!PEANUTSのストーリーがちりばめられたアフタヌーンティーは、ファンの心をくすぐること間違いなしだ。

料理長スヌーピーに会いたいなら「パークサイドダイナー」へGO!

料理長スヌーピーのレストランプランは、3世代で楽しむファミリーも多い

2016年より、PEANUTSをテーマにしたコース料理を提供してきた、本館1階にあるカジュアルレストラン「パークサイドダイナー」。今回、第7弾にあたる“7th Story”では、「キャンプ」をテーマにしたメニューが登場。

木製スタンドを使った盛り付けスタイルも◎

コースのスタートは、“ひとくちのお楽しみ”としての「ソーセージとエビのアメリカンドック」。満月の夜にたき火をくゆらせながらスタートするキャンプをイメージしている。

料理は鋳鉄製フライパン“スキレット”にのって登場。これにもテンションが上がる!

キャンプの醍醐味はやっぱりバーベキューということで、メインディッシュには牛ヒレやサーモンのタンドリー焼き、シシトウ、パプリカなど彩り豊かな食材のグリルなどがひと皿に。ピーナッツの衣で揚げたサツマイモのクロケットには、スヌーピーの足跡が! ここにも遊び心が満載。

このコースでは、スヌーピーやチャーリー・ブラウンをかたどったかわいらしいパンや、PEANUTS誕生70周年ロゴのチョコレートをのせたティラミスパフェなど、すべてのメニューでPEANUTSの仲間たちとキャンプ気分を楽しめる。テーブルでお迎えしてくれる料理長スヌーピーの大きなぬいぐるみとの記念撮影も忘れずに。

料理長スヌーピーの新作グッズやスイーツも期間限定で登場

本館1階のホテルショップ「ガルガンチュワ」では、PEANUTS誕生70周年記念商品として「スヌーピーマカロン」(3個入り1800円)が新登場。スヌーピーのドッグハウスをイメージしたボックス入りだ。また、毎年人気の「スヌーピーパン」(2個入り550円)も販売。

フレーバーは、「フランボワーズ」「チョコレートチップクッキー」「ピーナッツクリーム」の3種類

「スヌーピーパン」は、ミルクの優しい甘みと柔らかい食感が人気


また、料理長スヌーピーグッズの新作は、コンパクトに折り畳み持ち運べるエコバッグ(赤・黄/各2700円)や、小さなバッグにも収まるミニ水筒(黄・白/各3800円)など、携帯に便利なものが発売に。※価格はいずれも税込

超コンパクトに折りたため、携帯しやすい収納ポーチ付き。縦43.5×横38センチ

高さ16.5センチ、容量190ミリリットルのミニサイズ。保温保冷機能にも優れている


宿泊プラン「Grand Chef SNOOPY」もPEANUTS70周年特別バージョン

料理長スヌーピーとPEANUTSおなじみのキャラクターがあしらわれたベッドスローや、料理長スヌーピーのラグマットがかわいい!

最後に紹介するのは、気になる人気の宿泊プラン「Grand Chef SNOOPY」。料理長スヌーピーのぬいぐるみがお迎えするスヌーピーコーディネートの客室で宿泊し、ルームサービスの限定朝食が付いた宿泊プランで、今年は「パークサイドダイナー」の70周年記念スイーツ「ティラミスパフェ」のお食事券付きとなっている(1名につき1枚)。

料理長スヌーピーのぬいぐるみと一緒に朝食を楽しもう


ルームサービスによる“BENTO(弁当)スタイル” の一段重の朝食が付いていて、食べ進めるとお皿一つひとつにPEANUTSの仲間たちが登場するという楽しい演出も。

料理長スヌーピーはポットやソーサーにも。一部の製品は、ホテルショップ「ガルガンチュワ」にて販売中

スヌーピーの客室備品はスリッパのみお持ち帰りOK(専用袋付き)


以上、盛りだくさん過ぎる今年の帝国ホテル×PEANUTSのコラボレーション。2001年から育んできた歴史をベースに、PEANUTS誕生70周年を新しい切り口で祝うものばかりだ。PEANUTSへの愛が溢れるこれらのプランは、反響が大きいので食事も宿泊も予約・問い合わせしてから出かけよう。

取材・文=水島彩恵
撮影=奥西淳二

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

(C) 2020 Peanuts Worldwide LLC

この記事の画像一覧(全20枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

CHECK!2024年全国で開催予定の花火大会

「おうちで金麦花火特等席セット」が300名に当たる!

夏休み特集2023

夏休み特集 2024

ウォーカー編集部がおすすめする、この夏の楽しみ方を紹介。夏休みイベント&おでかけスポット情報が盛りだくさん!

CHECK!夏祭り 2024の開催情報はこちら

おでかけ特集

今注目のスポットや話題のアクティビティ情報をお届け

アウトドア特集

アウトドア特集

キャンプ場、グランピングからBBQ、アスレチックまで!非日常体験を存分に堪能できるアウトドアスポットを紹介

ページ上部へ戻る