「音舞台2020 明日への希望と勇気編」が放送決定!音楽の力で"今"を乗り越える

2020年11月1日 09:00更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

京都や奈良の名刹で、一夜限りの音楽パフォーマンスを行う企画「音舞台」シリーズ。"東洋と西洋が出会うとき"をテーマに1989年から始まり、過去には金閣寺や東大寺を舞台に開催してきた。

過去の映像とともに、ギタリスト・村治佳織による感動の演奏も(C)MBS


今年はイベントの開催は見送られたが、"コロナ禍で甚大な被害を被っている世界に希望を。明日への勇気を"というテーマで、11月8日(日)にテレビ放送することが決定。

過去32回の「音舞台」シリーズから、特に感動したパフォーマンスと映像、音楽を放送。それに加え、京都にある青蓮院将軍塚大舞台で、ギタリストの村治佳織によるギターソロ「ふるさと」の演奏を新たに収録するなど、「音舞台」の魅力が詰まった番組に。また、俳優の市村正親をはじめとした出演者による力強いインタビューも放送され、今を乗り越えるための希望と勇気を発信する。

村治佳織によるギター演奏が行われる青蓮院将軍塚青龍殿(C)MBS

俳優の市村正親(右)のインタビューも必見(C)MBS

出演者でテノール歌手のホセ・カレーラス(C)MBS

出演者でボーカルを務めるラッセル・ワトソン(C)MBS

「今回演奏する『ふるさと』は地球賛歌」と語るギタリストの村治佳織(C)MBS


新型コロナウイルスにより、当たり前のことが当たり前でなくなった今年。今だからこそ見たい、明日への希望を与えるパフォーマンスは必見だ。

過去には金閣寺や清水寺、平等院などでパフォーマンスを行った(C)MBS


「音舞台2020 明日への希望と勇気編」は、11月8日(日)深夜0時30分(MBS発TBS系全国ネット)より放送される。

この記事の画像一覧(全8枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る