館内を巡って謎を解こう、長良川うかいミュージアムでリアル謎解きゲーム「長良川の鵜飼を守りし伝説の書」開催

2020年11月18日 07:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

岐阜県岐阜市にある「長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)」で、リアル謎解きゲーム「長良川の鵜飼を守りし伝説の書」を2021年2月28日(日)まで開催中。

リアル謎解きゲーム「長良川の鵜飼を守りし伝説の書」チラシ・表 写真は主催者提供


長良川うかいミュージアムは、1300年を超えて受け継がれてきた岐阜市が誇る伝統文化“長良川の鵜飼”の価値を、わかりやすく紹介・発信する拠点として設立された文化施設。世界初の絵巻物型スクリーンの映像や、参加体験型・クイズ形式の展示で、鵜飼の魅力を紹介。オフシーズンには、週末を中心に鵜匠の技が間近で見られる、鵜飼の実演・説明を開催している。

【写真】“長良川の鵜飼”について情報発信を行う長良川うかいミュージアム 写真は主催者提供


リアル謎解きゲーム「長良川の鵜飼を守りし伝説の書」は、参加者自身が主人公となり、散りばめられた謎を実際に解き進める体験型イベント。問題は初級編と中級編があり、対象は小学生以上。ミュージアム内の鵜飼についてのさまざまな展示を見ながら、謎解きに挑戦してみよう。

<リアル謎解きゲーム「長良川の鵜飼を守りし伝説の書」のストーリー>
1300年以上の歴史を持つ長良川の鵜飼に危機が訪れた。突然、「鵜」の力がなくなり、さらに鮎も消えてしまったのだ。
このピンチを切り抜くには、鵜飼にまつわる「伝説の書」を読み解くしかない。戦国時代から伝わる、この書を読み解くことができれば、再び長良川の鵜飼を伝承することができるのだ!
「伝説の書」に記された謎を解き、長良川の鵜飼を危機から救え!

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

ページ上部へ戻る