本場の味を東海エリアで堪能しよう!絶品豚骨ラーメン3選

東京ウォーカー(全国版)

X(旧Twitter)で
シェア
Facebookで
シェア

博多に代表される、九州エリアが発祥と言われる豚骨ラーメン。白濁した濃厚スープに少し硬めの極細麺を合わせるのが定番だが、どの店も豚骨の処理や炊き方に工夫を凝らし、それが個性となっている。今回は、東海エリアで味わえる絶品の豚骨ラーメンを紹介する!

名店のハイレベルな一杯は替え玉まで堪能しよう

「二代目 白神(はくしん)」(岐阜県関市)は、全国的にも有名な名店「白神」の2号店。名物の「博多ラーメン」(810円)はもちろん、つけ麺や限定メニューなども高レベルだ。「博多ラーメン」の替え玉は、いつでも1玉無料。平日のランチタイムにはご飯とキムチのサービスもある。

「博多ラーメン」(810円)は、こってり濃厚なスープと自家製麺が美味 / 二代目 白神

「博多ラーメン」は、1杯につき豚頭骨1キロを使用。1日半以上炊いたスープにオリジナルの醤油ダレを合わせる。自家製の極細麺はぜひ替え玉まで堪能を。

●二代目 白神 / 住所:岐阜県関市小瀬2611-1 ラ・プランタン1F / 電話:0575-23-9120 / 時間:11:00~14:00、18:00~21:00 / 休み:月曜、第3火曜

久留米出身の店主が追究する豚骨好きにはたまらない一杯

福岡県久留米市出身の店主が20年以上前に名古屋で創業した「久留米とんこつ とんぱ~れ」(愛知県南知多町)は、久留米豚骨のおいしさを追求し続ける名店。移転や閉店を繰り返すも根強い人気を誇っており、濃厚ながらもしつこさを感じさせない一杯は、豚骨好きなら一度は食べておきたい味だ。

「ラーメン」(600円)は、まろやかな豚の旨味を引き出したスープが絶品 / 久留米とんこつ とんぱ~れ

「ラーメン」(600円)のスープは、創業以来変わらぬ製法で作られている。豚頭骨と背脂のみを材料に、まろやかな豚の旨味を引き出している。

●久留米とんこつ とんぱ~れ / 住所:愛知県知多郡南知多町山海橋詰3 / 電話:0569-62-0810 / 時間:11:00~13:30※スープがなくなり次第終了 / 休み:月曜・火曜、そのほか臨時休業あり(要問い合わせ)

味染み半熟玉子と好相性!塩味で仕上げた濃厚スープ

「博多とんこつラーメン 辻商店」(愛知県小牧市)は、丁寧な下処理と独自の製法で豚骨独特の臭みを除き、旨味とコクのみを生かした濃厚スープが自慢。本場・博多の味をとことん追求し、改良を加えながら納得の一杯を作る。より深い味わいに仕上げた「つけ麺」(830円)も絶品だ。

「煮たまごラーメン」(800円)は、コクと旨味を感じられるあっさり塩味のスープと、半熟玉子の相性抜群 / 博多とんこつラーメン 辻商店

「煮たまごラーメン」(800円)は、丸骨と頭骨を20時間以上煮込み、塩味であっさりと仕上げた豚骨ラーメン。味の染みた半熟玉子でさらにおいしく!

●博多とんこつラーメン 辻商店 / 住所:愛知県小牧市外堀3-12 / 電話:0568-76-7630 / 時間:11:30~14:30、18:00~23:00 / 休み:火曜


※2022年10月13日現在の情報です。
※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で随時情報が変わる場合があります。ご利用の際はできるだけ事前確認をおすすめします。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全3枚)

キーワード

テーマWalker

テーマ別特集をチェック

季節特集

季節を感じる人気のスポットやイベントを紹介

花火特集

花火特集

全国約800件の花火大会を掲載。2024年の開催日、中止・延期情報や人気ランキングなどをお届け!

花火大会人気ランキング

ページ上部へ戻る