乙武洋匡が語る『映画 えんとつ町のプペル』の魅力。「必ずどなたでも楽しめる要素が散りばめられている作品」

2021年1月3日 11:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

西野亮廣(キングコング)が原作・脚本・製作総指揮を務める『映画 えんとつ町のプペル』が話題だ。この冬最も注目される映画のひとつである本作の公開を記念して、西野をよく知る6名の著名人による応援コメント動画が配信されている。今回は、自身のYouTubeチャンネルでも絵本『えんとつ町のプペル』の朗読を公開している作家・乙武洋匡による、本作の見どころを未公開コメントとともに紹介。乙武が感情移入をしたキャラクターは誰なのか、そして『映画 えんとつ町のプペル』の多彩な魅力について語る。

作家、MCなどタレント活動のほか、プロサッカー選手・本田圭佑が発起人となり発足したサッカーチーム「Edo All United」のGMも務める乙武洋匡


――映画を観終わった直後ですが、感想を教えてください。

「普通、映画を観たときって、『こういうジャンルの映画だったな』ってなんとなくカテゴライズするところがあると思うんですけど、『映画 えんとつ町のプペル』に関してはなんて言ったらいいんだろう、アクションでもあり、ファンタジーでもあり、ハートウォーミングでもあり、どのジャンルにもあてはまらないというか、どのジャンルにもあてはまるというか、いろんな要素が詰まっている映画だなっていうふうに感じました」

――作品内で気になるキャラクターは?

「アントニオかな」

――ルビッチみたいに強くはいられないから、自分はアントニオだ、って思う方が多いような気がします。

「そうなんですね。僕もアントニオに感情移入がありましたね」

――具体的には、アントニオのどんなところでしょう?

「観ている人がみんな、途中までなぜアントニオがあんなにもルビッチやプペルに必要以上に辛くあたるのかって不思議に思うと思うんですけど、それが自分の弱さの裏返しだったっていうことに最後に気づかされる。誰しも自分の弱さと向き合うって苦しいことだと思うんですけれど、彼がそれを乗り越えて、彼ら(ルビッチとプペル)を助ける行動に出るところがすごく等身大でいいなと思いました」

――好きなシーン、気に入ったシーンはどこですか?

「僕は絵本を何回か読ませていただきましたし、僕のYouTubeチャンネルで朗読もさせていただいているんですけど、絵本をイメージしてそれを1時間40分にどういうふうにふくらませるのかなってすごくワクワクしながら来たんですけど、序盤の出会いのシーンがあんなにアクションテイストで、最初に観客の心をつかみにきたなって、あそこがすごく好きでしたね」

【写真】乙武が「すごく好き」と語る、ルビッチとプペルが出会った直後のアクションシーン。いきなり困難を共有することで、2人の間に友情が芽生える(c)西野亮廣/「映画 えんとつ町のプペル」製作委員会


――これから映画を観る方にメッセージをお願いします。

「観客を選ばないというか、アクションがあんまり好きじゃない方がアクション映画を観てもおもしろくないと思いますし、ファンタジー好きじゃないよって方がファンタジーを観てもあんまりおもしろくないと思うんですけど、本当にこの映画は、それぞれお好きな映画のジャンルがある方でも必ずどなたでも楽しめる要素が散りばめられているんじゃないかなって気がします」

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る