画と書で「万葉集」の世界を堪能、奈良県高市郡の奈良県立万葉文化館で「万葉の起憶-偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に-」開催

2021年1月27日 17:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

奈良県高市郡明日香村にある奈良県立万葉文化館で、特別展「万葉の起憶-偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に-」が2月28日(日)まで開催中。

浜田泰介《月と三山》1999年 奈良県立万葉文化館蔵写真は主催者提供


万葉文化館が所蔵する「万葉日本画」154点は、2001年(平成13年)の開館時に当時の日本画壇を代表する日本画家が『万葉集』の歌を題材に制作したもの。『万葉集』の世界を視覚的な面から楽しめる美術作品となっている。

本展覧会では「万葉日本画」とともに、桜井市教育委員会所蔵の「万葉歌碑原書」の展示も行う。奈良県桜井市に残る「山の辺の道」や「伊勢街道」、「磐余(いわれ)の道」など多くの古道の路傍には『古事記』『日本書紀』『万葉集』の歌碑が64基建立されている。1972年(昭和47年)から始まったこれらの歌稗の建立にあたっては、昭和を代表する作家、文学者、画家、学者など各界の著名人から揮毫が寄せられた。今回はそれら揮毫の原書のうち28点(拓本5点を含む)を展示する。

【写真】保田與重郎 書 桜井市教育委員会所蔵万葉歌碑原書(雄略天皇)写真は主催者提供


画家が『万葉集』を丹念に読み込んで描いた「万葉日本画」と、昭和の文人たちの躍動感あふれる書をあわせて鑑賞できる特別展「万葉の起憶-偉人たちがしたためた万葉歌碑原書を中心に-」で『万葉集』の世界を堪能しよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/空気清浄機の設置/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温(検温は土日祝と混雑時のみ)/マスク着用/混雑時の入館制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る