客室でいちご狩り体験!ニューオータニ幕張の「ホテルでいちご狩り」プラン

2021年2月8日 11:35更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

コロナ禍が続き、なかなかおでかけができない今年のいちご狩りシーズン。千葉県千葉市のホテルニューオータニ幕張では、客室内でいちご狩り体験ができる宿泊プラン「STRAWBERRYCATION~お部屋でいちご狩り~」を1月15日からスタートした。

バルーンが施された「いちごルーム」 ※画像はイメージ


約1メートルの大きなストロベリーバルーンや、いちごのクッションなどの装飾を施した客室「いちごルーム」に泊まれるこのプランでは、1名につき1つ、かごに盛った新鮮ないちごを提供。客室内に用意された麻ロープとウッドクリップでいちごを吊り下げ、いちご狩りを疑似体験できる。さらに、ミニボトル入りのいちごのバブルバスも用意されており、入浴時もいちごの香りで泡風呂が楽しめる。

【写真】麻ロープ・ウッドクリップをつけていちご狩りを疑似体験 ※画像はイメージ


また、オプションサービスとして、1815円(税・サービス料込)の追加で、朝食をルームサービスの「ストロベリーブレックファースト」に変更可能。メインはいちごを添えたパンケーキまたはフレンチトーストから、飲み物はストロベリージンジャーまたはグラスシャンパンから選択できる。また、ブランチ向けには「サンドウィッチ&スイーツプレゼンテーション~ストロベリー&ショコラ〜」への変更も1815円(税・サービス料込)で可能となっている。

ストロベリーブレックファースト ※画像はイメージ


ホテルニューオータニ幕張では、2009年から新鮮ないちごスイーツが楽しめるビュッフェ「ホテルでいちご狩り」を実施してきたが、客室でのいちご狩り体験は初の試み。担当者は、「今や多くのホテルが同様のいちごビュッフェをはじめているので、『ほかではやっていないものを』と考えておりました。ちょうど社会情勢的にも、コロナウイルスの関係で遠出がしにくく、それなら春のレジャーである『いちご狩り』をお部屋で楽しんでもらおうと思い、今回のプランが誕生しました」と、プランが生まれた経緯を話す。

宿泊時はかご盛りフレッシュいちごを練乳付きで提供 ※画像はイメージ


内装から食事まで、すべてがいちご尽くしの新プラン。ホテル内の「ザ・ラウンジ」「SATSUKI」でもそれぞれ感染症対策を施したうえで、さまざまないちごメニューを提供中だ。遠方へのおでかけが難しい今、ホテルの中でいちごの季節を味わい尽くそう。

【新型コロナウイルス感染予防対策】

・スタッフのマスク着用
・フロント、ベルデスクなど各カウンターへアクリルパネルの設置
・消毒液の設置
・お客様全員への検温
・机、椅子、メニューなどの定期的な消毒
・スイッチ、ドアノブ、メニューなどの部屋内の備品の消毒
・エレベーター内のフィジカルディスタンシング
・フィジカルディスタンシング
・到着時における健康管理シートのご記入
・客室の消毒清掃の実施

■ホテルニューオータニ幕張『STRAWBERRYCATION~お部屋でいちご狩り~』
期間:2021年1月15日~3月31日(水) ※室数限定・3日前までの予約制
料金:1名1万5000円~(1室3名・スーペリアコーナールーム利用時)
※1泊室料、朝食、税・サービス料込み。日にちによって異なる

※電話にて予約を承ります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全4枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る