言葉を紡いだ地元の詩人に迫る、鹿児島県のかごしま近代文学館で「孤高の詩人 浜田到」が開催

2021年2月17日 16:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鹿児島県鹿児島市のかごしま近代文学館で企画展「孤高の詩人(うたびと) 浜田到(はまだいたる)」が5月10日(月)まで開催中。

浜田到(かごしま近代文学館所蔵)写真は主催者提供


浜田到(1918年-1968年)は鹿児島で医師として勤務する傍ら、詩歌を創作し、歌人、詩人としても活躍した人物。16歳から短歌を作り始め、戦後、短歌編集者の中井英夫に見いだされて雑誌「短歌」や「短歌研究」に前衛短歌を発表し、中央歌壇にその名を知らしめた。また「浜田遺太郎」のペンネームで詩を綴り、詩人の木原孝一から高い評価を得た。1968年、往診中に不慮の事故により49歳という若さでこの世を去った。

言葉を紡ぐことを「言葉と自分自身のなかを垂直に深く掘りさげてゆくこと」(「隠者の暁」より)という浜田は、歌壇という伝統的な組織社会から距離を置き、独りで言葉と向き合い自己の世界を構築していた。本展では“孤高の詩人”と呼ばれた浜田の生涯を、彼の遺した言葉と豊富な資料によって紹介する。

【写真】浜田到19歳頃 写真アルバムより 後の妻となる広瀬富子と出会った頃のもの写真は主催者提供


鹿児島の街で、浜田到は美しい言葉を求め、沈黙し、孤高の道を歩み続けた。中井英夫は「浜田到は自分の作品をあまりにも透明に磨きあげた。ともすれば人が見すごすほどに」と評している。透明になるまで研ぎ澄まされた言葉は、詩的世界を思索させ、読むものを惹きつける。

浜田到の軌跡を辿る「孤高の詩人 浜田到」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応(ミュージアムショップのみ、チケットは不可)/定期的な換気/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限/来館者カードの記入

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る