癒やし度満点、長崎県西海市の長崎バイオパークで「カピバラの露天風呂」と「カバの露天風呂」が実施中

2021年2月9日 18:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

長崎県西海市の、たくさんの動物と触れ合える体験動物園、長崎バイオパークで「カピバラの露天風呂」と「カバの露天風呂」を2月28日(日)まで実施中。※開催時間は両方とも12時から15時まで。

カピバラとの間に境がないので目の前で見られる写真は主催者提供


ネズミの仲間では最大種のカピバラは、頭胴長1から1.3メートル、体高50センチメートル、体重50キログラム以上にもなる。おとなしい性格と愛嬌のある顔で動物園の人気者だ。長崎バイオパークの冬の風物詩「カピバラの露天風呂」では、暖かいお風呂でのんびりくつろぐカピバラのかわいい姿を間近で見られる。

また、カバ展示場にも露天風呂が登場。長崎バイオパークのカバのドンは40歳、人間でいうと80歳くらいのおじいちゃん。カピバラのように冬は暖かいお風呂で温まってほしいという思いから実施している。

【写真】カバのドンおじいちゃんの暖かそうな表情でほっこり気分に写真は主催者提供


露天風呂につかるカピバラとカバのとろーんとした気持ちよさそうな表情はかわいさ満点。長崎バイオパークの「カピバラの露天風呂」と「カバの露天風呂」で癒やされよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
一部屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・園内の対策】
定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来園者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来園自粛/咳エチケット/入園時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入園制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る