イタリア・ドイツ…“世界のたい焼き”を渋谷で食す!

2009年11月1日 9:25更新

東京ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

“白たい焼き”や“プチたい焼き”など最近人気のたい焼きだが、11/3(火)、渋谷に新たなたい焼き専門店「THE TAIYAKI 渋谷センター街店」がオープンする。なんと世界中のおいしい料理とたい焼きをコラボさせた“世界各国のたい焼き”を食べられる店だというのだ。

たとえば、イタリアの「イタリアン」(220円)はピザをイメージし、とろ〜りチーズ&トマトソースとジューシーなソーセージを丸ごと包んだ一品。クリスピーな皮の“パリッ”とした食感と、中の“とろ〜り感”との相性はバツグンなのだとか。

また、ドイツの「ジャーマンポテト」(220円)は、カリッとしたベーコンとごろっとしたポテトに、とろ〜りチーズを加えた一品。味はもちろんのことボリューム感もたっぷりだ。

他にも、アメリカの「チーズバーガー」(220円)、フランスの「アップルシナモン」(180円)など、“ワールドワイド”なたい焼きがそろっている同店だが、なぜこんな“変わり種たい焼き”を作ることになったの…?

「『日本のたい焼きが世界各国をまわり、おいしい料理に感銘を受けた』というコンセプトで作っているんです。ちなみに、同店の第一号店は香港、今年の8月にはシンガポールにもオープンしています。シンガポールでは連日行列ができる人気ぶりですね」(「THE TAIYAKI 渋谷センター街店」広報)

コンセプトだけでなく、実際に異国の人の舌をうならせているという「THE TAIYAKI」。日本では「佐野プレミアムアウトレット店」(栃木県佐野市)、「ララガーデン長町店」(宮城県仙台市)に続き、渋谷センター街店が3店舗目となる。

世界のご当地メニューとコラボしたたい焼きが味わえる「THE TAIYAKI 渋谷センター街店」は11/3(火)オープンだが、11/1(日)にはプレオープンするとのことなので、気になる人はチェックを! 【東京ウォーカー】

この記事の画像一覧(全9枚)

大きなサイズで見る

キーワード

関連記事

ページ上部へ戻る