「リサとガスパール」の原画約150点が松屋銀座に集結!約80種類のオリジナルグッズも必見

2021年2月14日 11:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

絵本「リサとガスパール」の日本デビュー20周年を記念した展覧会「リサとガスパールのおもいで展」が、2月23日(火)から3月3日(水)まで、松屋銀座8階のイベントスクエアで開催される。

初公開を含む約150点の原画が一堂に会する。写真の作品は「ノートルダム」

文章を担当するアン・グットマンと、絵を担当するゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻により、フランスで1999年に誕生した絵本「リサとガスパール」。翌2000年には日本でも紹介され、たちまち人気シリーズに。リサとガスパールが織りなす温かみのあるストーリーと個性的な絵は多くの人々を魅了し、20年に渡り愛され続けてきた。

リサとガスパールが誕生するきっかけとなった「赤い手帳」も展示

「リサとガスパールのしんがっき」スケッチ

日本デビュー20周年を記念して開催される「リサとガスパールのおもいで展」では、これまでに発表された約40タイトルの中から、初公開作品を含む約150点の原画を展示。“おもいで”をテーマに掲げ、リサとガスパールが生まれた原点から現在までの軌跡を振り返る。リサとガスパールが生まれるきっかけとなった「赤い手帳」や、作家2人の最新メッセージも必見だ。

【写真】「掛け時計(巴里のプロムナード)」など約80種類のオリジナルグッズが勢ぞろい!

展覧会オリジナル商品の「アイスクリームスプーン」

会場で先行販売される「<アニエスベー>バッグ」

会場では物販コーナーも展開され、約250点のグッズが大集合!カラフルな色使いが目をひく「掛け時計(巴里のプロムナード)」(8800円)や「アイスクリームスプーン」(5500円)など、日本デビュー20周年を記念した約80種類のオリジナル商品が並ぶ。なかには「<アニエスベー>バッグ」(6380円/5280円)などの先行販売アイテムもあり、ファンにはたまらないラインナップとなっている。さらには貴重な原画の販売も。「海辺の町のリサとガスパール」をはじめとした約15点が登場する。

税込3000円以上の購入でもらえる、日本未発売のボールペン(各日先着500名限定、3種類のうちいずれか1本)

なお、税込3000円以上購入した人には、各日先着500名限定で日本未発売のボールペンが1本プレゼントされる(柄は全3種類の中から日替わり)。

展覧会に合わせてカフェもオープン!ここでしか食べられないリサとガスパールのメニューが登場 ※画像はイメージです

また、会期中は松屋銀座8階にあるMGカフェが「リサとガスパールカフェ」としてオープン。展覧会の余韻に浸りながら、リサとガスパールをモチーフにしたキュートな限定メニューを味わってみてはいかが?

※価格はすべて税込みです。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

(C) 2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre

この記事で紹介しているイベント

この記事で紹介しているスポット

この記事の画像一覧(全10枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

特集

ページ上部へ戻る