sleepy.abがニューアルバム「paratroop」を発売し、 待望のメジャーデビュー!

2012年7月6日 11:49更新

関西ウォーカー

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

浮遊感のある美しいメロディーを鳴らすsleepy.ab(スリーピー)がメジャーデビュー。北海道出身で在住の彼ら。既に4枚のアルバムを出している、彼らの次の一手とは、どのようなものなのか?
成山「第2期スリーピーという感じですね。聴く音楽も4人ともバラバラなんですが、4人の個性を持ち寄ることで集大成的アルバムになりました。実験的要素もありますし。今まではスタジオで4人で作り上げるのが多かったんですが、今回はパソコンで送りあったりもして」
田中「何て便利なんだと思いましたよ(笑)」
津波「効率的ですよね。便利ですし」
山内「個人で集中してやれる分、自然とできました」
―レコーディングは普段どんな感じですか?
津波「以前は息詰まることも多かったんです。『こういこう!』とリーダーシップを取る人間がバンド内にいないんで。それがいいような気もしてはいるんですけどね」
―すごく温もりのある歌ですし、色々な音が入っている感じがするんです。
山内「みんなに音源をまわしていくことで色々な音が足されていくんですね。僕は鍵盤ハーモニカの音を入れたり、イカの鳴き声を入れたり(笑)。真面目にやりながら、遊びの要素を入れたり」
田中「水の気泡のポコポコという音をパソコンに取り入れて、加工していったりもしました」
山内「ギターのふりをして違う音を入れて、みんなの様子をうかがったりしています(笑)」
成山「『どうやって録ったの!?』って聴いたら、『憶えてない!』と言われたりしますけど(笑)」
―今、北海道の若手バンドが大きく取り上げられる事が多いですが、どう思われますか?
成山「北海道のバンドは他と違うことをしようという精神が強くて、似通っているバンドが少ないんです。北海道って情報を緩やかに自分で選んで取り入れられるんです。東京みたいに情報が多くないから、混乱もしないですし。『北海道の景色が見えるような気がする。音に出ている』とか言われると嬉しいですね。東京や大阪でのライブとかが終わって、北海道に帰ると冷たい空気を感じられるんです。外に出て行くことで、帰ってきた時に北海道をもっと好きになっている。引き締まる感じがしますよね」
【関西ウォーカー】
今後の関西でのライブもチェックしよう!
↓↓↓
【対バンツアー】
12/9(水)18:30 京都磔磔 w/tobaccojuice、空中ループ
12/10(木)19:00 神戸VARIT w/tobaccojuice、空中ループ
【ワンマンツアー】※チケットは12/5(土)〜ぴあ、ローソン、イープラス、会場にて発売
日程:2010年1/16(土)18:00 
料金:3000(立見/整理番号付き、要ドリンク代)※未就学児入場不可
会場:umeda AKASO
問い合わせ:GREENS 06-6882-1224

この記事の画像一覧(全13枚)

キーワード

カテゴリ:
タグ:
地域名:

ページ上部へ戻る