絶品のいちごが食べ放題、千葉県南房総市の枇杷倶楽部で「いちご狩り」が開催中

2021年3月17日 12:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

千葉県南房総市富浦町の、道の駅とみうら 枇杷倶楽部(びわくらぶ) 苺庭園で「いちご狩り」を5月5日(祝)まで開催中だ。

真っ赤に熟したおいしいいちごをたっぷりと食べられる写真は主催者提供


びわの産地として有名な南房総市富浦町にある道の駅とみうら 枇杷倶楽部は、5月上旬~6月下旬にかけて、びわ狩りの体験などもできる道の駅。びわを使ったオリジナル商品の販売なども行われている。併設している苺庭園のいちご狩りは、多品種のいちごを食べ比べできると人気が高い。

苺庭園の入園は午前の部が10時から12時、午後の部が13時から15時の2部制になっており、定員制で予約した人が優先入園となる。料金は、基本料金が4月4日(日)までが1800円、4月5日(月)から5月5日(祝)までが1500円、土日祝日は基本料金から100円増しになる。※3歳から5歳は200円引き。

【写真】摘み取り専用(1パックお持ち帰り1000円)の高設ハウス写真は主催者提供


苺庭園には定番の「あきひめ」、甘酸っぱい「紅ほっぺ」、食べ応え抜群の「やよい姫」、ほんのりピンクの新品種「桃薫(とうくん)」、オリジナル品種「モモコ」、千葉を代表する「チーバベリー」、強めの酸味「恋みのり」、希少な白いちご「エンジェルエイト」、初登場の「あかねっ娘」などバラエティに富んだ品種が栽培されている。

また、専用の高設ハウスで摘み取ったいちごを持ち帰れるお土産プラン(1パック・250グラムで1000円)も用意されている。

いちご以外にも色々なフルーツや地元野菜のマルシェも楽しめる枇杷倶楽部の「いちご狩り」に出かけよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【スタッフ対策】
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来場者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク、手袋の着用/混雑時の入場制限/完全予約制
【その他】
食べ放題の場合、利用者自身で摘み取ったいちごを所定の場所で食べていただきます

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る