独特の色彩をもつガラスの世界、鹿児島県鹿児島市の長島美術館で「ティファニーの『ウェディングセレモニー』と春のガラス展」開催中

2021年3月27日 10:30更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

鹿児島県鹿児島市の長島美術館・第7展示室で5月10日(月)まで「ティファニーの『ウェディングセレモニー』と春のガラス展」を開催中だ。

長島美術館で「ティファニーの『ウェディングセレモニー』と春のガラス展」開催写真は主催者提供


長島美術館コレクションによるアール・ヌーヴォーのガラス作品の中から、ティファニーのステンドグラスを中心に、独特な色彩で彩られたエミール・ガレ、ドーム兄弟の作品などを展示する。

ルイス・コンフォート・ティファニーは、宝石や銀製品などで知られるティファニー商会の創始者チャールズ・ルイス・ティファニーの長男で、ニューヨークで生まれた。家業を継がずパリで絵画を学び、装飾美術、インテリア・デザイン、ステンドグラスと制作の幅を広げていった。

【写真】とても素敵なティファニーの「ウエディングセレモニー」は一見の価値あり写真は主催者提供


そして、1885年に、「ティファニー・ガラス・カンパニー」を設立。当時、急増していたアメリカの教会建築に、ティファニーのステンドグラスが使用され高い人気を獲得。それらは、フランスのエミール・ガレやドーム兄弟のガラスとは異なるアメリカン・アール・ヌーヴォー様式を確立した。

本展では、ティファニーが作り出した、19世紀以前の伝統的なものとは違う、色彩と立体感豊かな新しいタイプの色板ガラスでできたステンドグラスを鑑賞できる。また、エミール・ガレやドーム兄弟のランプや花瓶など、それぞれの作品の色に注目し展示している。

独特な色彩を放つガラスの世界を楽しむことができる「ティファニーの『ウェディングセレモニー』と春のガラス展」に出かけよう。

※入館料:一般1000円、高大生800円、小中生400円、シニア(65歳以上))500円、団体20名以上は2割引(シニア除く)

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】
屋内
【スタッフ対策】
手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設・会場内の対策】
窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応(ミュージアムショップのみ、チケットは不可)/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】
三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来館自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入館制限/来館者カードの記入

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

※記事内の価格はすべて税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

この記事の画像一覧(全2枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る