東京駅で働く122人が選んだ、エキナカ春スイーツランキングを発表!

2021年3月27日 10:00更新

東京ウォーカー(全国版)

Twitterで
シェア
Facebookで
シェア

徐々に寒さが緩み、春めいてくる季節。おうちで春を感じたいと思う人も少なくないのでは。そんな人たちに向け、東京ステーションシティ運営協議会は、テイクアウト可能な「エキナカの春スイーツランキング」を発表した。グランスタ東京、エキュート東京、エキュート京葉ストリートの各デベロッパー担当者がおすすめするスイーツ29品の中から、数多くのエキナカスイーツを目にしているJR東日本の東京駅で働く社員122人が、つい買って帰りたくなるものを選んで投票。今回は、この「エキナカの春スイーツランキング」からTOP5を紹介する。

第1位 柿の木坂 キャトル「桜いちごミルフィーユ」/エキュート京葉ストリート

華やかな春を感じさせるスペシャルケーキ「桜いちごミルフィーユ」

1位に輝いたのは、桜の花をイメージしたサクサク食感のパイに、いちごの生クリームと丸ごといちごをたっぷり重ねた「桜いちごミルフィーユ」(700円)。目黒区に本店を構える人気パティスリー、柿の木坂 キャトルがつくるこの時期だけのスペシャルケーキだ。3月15日から3月31日(水)までの期間限定販売。

第2位 Now on Cheese♪ Hello,TokyoStation!「チーズケーキサンド・いちご」/グランスタ東京

【写真】ふんわり優しいいちごの香りが春をたっぷり感じさせる「チーズケーキサンド・いちご」

Now on Cheese♪ Hello,TokyoStation!の「チーズケーキサンド・いちご」(378円)はグランスタ東京限定。北海道産生クリームとオーストラリア産クリームチーズを使用したなめらかなチーズケーキを、しっとりとしたサブレでサンド。ふんわりと優しくいちごの香りが感じられる一品だ。なくなり次第販売終了。

第3位 ブーランジェリー ラ・テール「桜あんバター」/エキュート京葉ストリート

葉桜の特製バターが味わい深い「桜あんバター」

ブーランジェリー ラ・テールの「桜あんバター」(249円)は、葉桜の塩漬けが混ぜ込んである特製バターが魅力。北海道小豆を使ったたっぷりの餡とともにサンドし、仕上げに桜パウダーをあしらった季節限定パン。販売期間は3月15日から4月11日(日)まで。

第4位 銀座あけぼの「さくらもち」/エキュート京葉ストリート

「さくらもち」が上品な日本の春を演出する

ふくさ包みが可愛らしい、銀座あけぼのの「さくらもち」(248円)。北海道産小豆のなめらかなこし餡がひとつずつ丁寧に手包みされている。もちっとした食感と優しい色合いから、上品な春を感じることができる。

第5位 Fairycake Fair「フェアリークリームウィッチいちごラズベリー生バターサンド」/グランスタ東京

シェアできて嬉しい「フェアリークリームウィッチいちごラズベリー生バターサンド」

2021年に新発売されたFairycake Fairの「フェアリークリームウィッチいちごラズベリー生バターサンド」(1900円/5個入)はグランスタ東京限定で、春の季節のみ購入できる。生クリーム入りのホイップバターに、いちごとラズベリーのジャムを混ぜた、春を感じさせてくれるバターサンド。期間限定販売。

さまざまなスイーツが並ぶ東京駅。立ち寄ったついでにかわいらしい春を楽しんでみてはいかが。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

この記事の画像一覧(全5枚)

キーワード

おでかけ・旅行に関する動画

ページ上部へ戻る